FC2ブログ

新MacBook Proへ移行完了!

 2020-06-21
ついに新しいマックブックプロが届きました!
見た目は2017版とほぼ同じ。
チャージャーも共有できるのでよかったです。

062120-1.jpeg
062120-2.jpeg


2017年バージョンのMacBook Proにはいろんな不具合がありました。
最初はキーボードのNなど、いくつかのキーが反応しなくなり
やむなく外付けのワイヤレスキーボードを抱えて旅行に行く羽目に、、、

その後一徹親父が下記のようなバッテリーの膨らみを発見!
調べてみると、これは大変危険な兆候であり
2017年2月までに販売された分に関しては
リコール対象になっておりました。

キーボードの問題が最初に発覚し、そのあとしばらくして
バッテリーの膨張がみつかったわけですが、どちらもリコール対象。
しかし私が購入したのは2017年7月だったため
わずかに無料修理の対象から外れています。

そして調べているうちに、購入時にアップケアに入っており
2020年7月22日までは有効だったことがわかりました。
アップルケアに電話したら、無料で直してくれるとのこと。
やった〜!!!アップルケアに入っておいてよかったです。

↓キーボードの真ん中が盛り上がってるのがわかりますか?

062120-3.jpeg


↓そのため蓋が閉まらなくなっています。

062120-4.jpeg


↓こちらが正常なマックブック(2020製)

062120-5.jpeg


↓ずらりと並んだ3世代マックブック。右のマックブックは
OSのアップデートすらエラーできなくなり、ほぼ使用不可。
左の2017製はまだまだ現役で使えます。

生まれて初めてデスクトップのアップルコンピューター
を使い始めてから、もう30年経ちます。
初めて買ったMacintosh IIcxにバブルの時代ボーナスほぼ全部、
70万円ほどつぎ込んだのを思い出しました。ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
こうしてみると私とマックの歴史も長いなぁ〜(←年がわかるね)

062120-6.jpeg
062120-7.jpeg


新マックブックと旧マックブックのOSのバージョンを
最新アップデートして、OSのバージョンを合わせて
マックとマックをUSB-Cケーブルで繋いだら、
移行アシスタントソフトに沿ってデータをコピーするだけ。
600ギガほどのデータが入っていたので4時間半ほどかかりました。
(参考にしたサイトはこちら)

062120-8.jpeg


これで新MacBook Proの準備ができたので、
旧MacBook Proを修理に出したいと思います。
まだサービスセンターがオープンしていないため、
アップルサービスに電話をして、配送用の箱を送ってもらい
リペアショップへ郵送することにしました。
修理できたら少林寺拳法のZOOMクラスに使う予定です。

***********************************************

今日は父の日でしたね。全国のお父様方へ
HAPPY FATHER'S DAY!!!

私も一徹親父にささやかなプレゼントを用意しました。

↓いつも忘れそうになるから、車の中に入れておくように〜

062120-9.jpeg


↓スペイン語で書かれた父の日カード。
読めなかったのですが、デザインが気に入って買いました。
カードを開けるとビールを注ぐ音と「ぷは〜っ」と美味しそうに飲み干す音がします。
メッセージは"HAPPY FATHER'S DAY"という意味だったみたい(笑)

062120-10.jpeg


↓そしてメインはアマゾンのギフトカード

062120-11.jpeg


***********************************************

昨日の仕事場で、ずらりと並んだサーモンを撮影。
なぜかというと、、、つぶらな瞳が可愛かったから

062120-12.jpeg
062120-13.jpeg


「変わってるねぇ、、、」と同僚に言われながらも
可愛いサーモンたちの顔を見ながら、自分が命をいただいていることを痛感。
これからはもっともっとありがたくいただきます。

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif

おばさんの手習い

 2019-05-14
さて5月から今度こそウェブコーディングを勉強する!と周りに宣言し
無料のコーディング勉強サイトを教えてもらった私。
ゲーム感覚でできるのでなかなか楽しいです。

FreeCodeCamp
Codecademy

まずはとっかかりやすいHTMLのクラスから〜
ふんふん、、、と鼻歌でご機嫌スタート!
正解だと緑のチェックマークがでます。

051419-11.png
051419-21.png


調子よくHTML基礎を終えてCSSに入ったところで

・・・・・・・行き詰まりΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

051419-31.png


いくらやっても正解マークが出ないと
「はぁぁぁ〜!?このサイト、壊れてるんじゃないの?」と逆ギレ。

天才ウェブデベロッパーのハウイー氏に助っ人を要請するも
なかなか正解を得られず、、、

051419-41.jpeg
051419-51.jpeg
051419-61.jpeg


↓一人で黙々とお勉強してると、すぐに飽きちゃって
煮詰まっちゃって、こんな感じに。

051419-71.jpeg


↓すると癒しボーイがやってきて、慰めてくれます。

051419-81.jpeg
051419-91.jpeg
051419-101.jpeg


目標は3ヶ月後に自分のフリーランス会社のサイトを作るのが目標です。
締め切りを決めないといつまでもやらなさそうですからね。
さあどうなりますか、、、

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif

ラグナビーチに届け物

 2017-11-20
先週、お客さんへの届け物をしに久々に
ラグナビーチへ行きました。
勤め先があるロングビーチからラグナまでは、
405フリーウェイをひたすら南下し、途中から133でビーチへ向かいます。
133は細くうねった1本道。
通り沿いにはギャラリーやアトリエが並んでおり、
ラグナがアートの町であることを思い出させます。

いつもここにくるときは友達の観光アテンドや、
休日リラックスモード。仕事でくるのは初めてです。

↓クライアントさんの一つ、San Shi Goレストラン。
大きな通りを挟んでいるとはいえ、三階なのでながめは上々。
ディナータイムには混み合う人気店だそうです。
(残念ながら休憩時間だったので、食事はできませんでした)

San Shi Go
1100 S Coast Hwy., # 303, Laguna Beach, CA 92651
Tel: (949) 494-1551

112017-2.jpg


↓店入口脇から撮った風景。

112017-7.jpg


↓ラグナビーチの街並み。

112017-10.jpg
112017-5.jpg
112017-3.jpg


↓帰る頃には夕方のラッシュに差し掛かっていました。
133に入る手前でのプチ渋滞。帰りは行きと違う道で、
そのまま海沿いの通りであるPCH(パシフィックコーストハイウェイ)
をひた走るルートを選びました。

112017-4.jpg


↓そこを抜けると海を見ながらスイスイとドライブ。
やはりこちらのルートで北へ向かう人は少ないのかな?

112017-6.jpg


↓左側に海を見ながら、なんとものどか〜

112017-9.jpg
112017-8.jpg


↓なんだかちょっとした避暑地に来たみたい。
こんな配達ならたまにはいいかも〜。

112017-6_20171120161536078.jpg


↓ナビを頼りに途中住宅街などの裏道も通りつつ
出て来たのは、ニューポートビーチの55フリーウェイの入口でした。
ここから先は馴染み深いエリアです。

あまりにラグナとニューポートが近かったのでびっくり!
しかしよく考えれば、ビーチ沿い走ったんだから、
お隣どうしの海岸ということで近くて当たり前か?

112117-21.png


思わぬところでOCの地理が頭に入ったドライブでした。
たまには気分転換に、ビーチ沿いドライブなんてのも楽しいですね。

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif

ついにセットアップ完了!

 2017-09-16
今日は一徹親父が日本出張から帰って来ました。
「疲れてなければモニター買いに行きたいんだけど」というと
速攻でフライズエレクトロニクスへ〜。

さすがうちの家電芸人。電気製品を買うとなると
俄然元気がでます。

↓先週のケーブルに引き続き今度はモニターショッピング

091617-8.jpg


↓ずらりと並ぶパソコンモニターの数々。

091617-13.jpg
091617-7.jpg
091617-1.jpg


↓こちらはゲーム専用モニター。
パソコン用とゲーム用ってモニターが違うんですね。知らなかった。

091617-12.jpg


↓ネットで調べたところ、このLG27UD88WがMacBook Proにはいいらしい。

091617-6.jpg


↓27インチのLG27UD88W(約700ドル)はフロアモデルしかなく
少々予定を変更してちょっと古いモデルの32インチにしました。

LG27UD88WはHDMIから直接USBCでパソコンに繋げられるのですが
32UD59モデル(はアダプターを使ってHMDIで繋げなければなりません。
それ以外はあまり不都合を感じないし、価格も100ドル安かったので
こちらに決定したわけです。

091617-3.jpg


↓付いて来たケーブル類。これを見た瞬間
「自分でセットアップできるかなぁ」と不安になりましたが
案外簡単に組み立てられました。

091617-10.jpg


繋がった〜!やった。

今度のモニターは実にシャープに綺麗に見えます。
これなら仕事に使っても全く問題なし。

091617-5.jpg


↓4Kのマーク。モニターを上下に動かすことができてとても便利!

091617-2.jpg


↓32インチなので、アイコンがめちゃくちゃでかい!
でも老眼には優しいわ〜

091617-9.jpg


↓パソコン用の袋も一緒に購入。
赤いMacBook Proのカバー

091617-4.jpg
091617-11.jpg


やっと快適なパソコン環境が整いました。
これからお仕事頑張ります!

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif

ようやくMacBook Pro & モニター

 2017-09-12
だいぶ前に新調したMacbook Proですが
今まで使っていたアップルの古いモニターがつながらなかったため
13インチの小さなスクリーンで作業していました。

昨日ついに決心して、フライズ・エレクトロニクス
モニターとノートブックパソコンを繋げるケーブルを買いに〜

091217-9.jpg


↓広〜い店内。探すのが大変なので、入り口にいる
店員さんにどこの棚にあるか聞いてから探すのが得策。

091217-4.jpg


↓各種機材を繋ぐためのケーブル類は山のようにあります。
15分ほど目を皿のようにして、USB-C〜HDMIというケーブルを探しましたが
見当たらず。結局諦めてお店の人に助けを請いました。

091217-5.jpg
091217-8.jpg
091217-11.jpg


↓アップルのモニターに貼ってあった一徹親父のメモによると
5年間の保証が2009年に切れると書いてありました。
つまり購入したのは2004年らしい。古いわけだわ〜

091217-7.jpg


↓古いモニターと古いMacBook Proはこの形式で繋がっていました。

このモニターをまだ使い続けようと頑張ってはみたのですが、
とうとうつなげられなかったので、
ひとまず使っていないサムスンのTVモニターを使用することにしました。

10年以上もお疲れ様〜!!

091317-2.jpg

091317-4.jpg

091317-1.jpg


↓パソコンとの再利用を試みた、サムスンTVの裏側。

091317-3.jpg


↓これが探していたケーブル。しかしこちらは店頭品切れ!

091217-6.png


↓仕方ないのでHDMI x HDMIのケーブルを買って
HDMIとパソコン間は別のアダプターをつけることに。

091217-2.png


↓昨日買ってきたアップルのHDMIケーブル

091217-12.jpg
091217-10.jpg


↓いよいよワイヤレスキーボードの出番。

091217-3.jpg


↓ひとりであれこれ悩んだ末、ようやくパソコン画面がTVに映し出され
ひとまずこんな感じになりました!!ダブルスクリーン完成。

やった〜っ!!一人でできたっ

091217-1.jpg


・・・・・・と思ったら、TVの画面が荒くて
ブログを書くくらいならいいけれど、グラフィックの仕事は
とてもじゃないけれどできません。

写真の解像度とか色合いとか、クオリティが悪すぎて
印刷原稿の判断つかないんですよ。とほほ、、、
やはり無精せず、この週末ちゃんとしたモニターを買いに行かねば。

パート先のボス、Nさんにそれを言ったら
TVモニターじゃ荒いのはあたりまえでしょ。
何年デザイナーやってんの」と笑われました。
だってメカに弱いんだもん、ぷぷぷっ。

それを日本出張中の一徹親父に伝えると、めっちゃ嬉しそうに、
「よっしゃ!!土曜日にいいモニターを買いに行くぞっ」と
メールが来ました。

ここから先はうちの家電芸人に任せようと思います。( ̄^ ̄)ゞ

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫