FC2ブログ

ついに抜歯!&2回目のピクルス

 2018-06-21
日本ツアー前に抜こうか抜くまいか迷っていた上の奥歯
「化膿しているので、抜歯は早い方がいいですよ」と
Dr. Lに言われておりました。

私のブログを読んでくれている姉のPちゃんから
「虫歯から狭心症なんてこともありえるから気をつけなよ」とメール。
そこで重い腰を上げ、渋々本日抜歯をしてまいりました!!

大きな奥歯なので、根管治療した根っこが3本もあり
Dr. Lが奮闘した末1時間半近くかかって無事抜歯完了!
これで少なくともこれからは、歯が痛くて首や肩が痛くなる
という症状は緩和されそうです。

062118-8.jpg


↓右上に大きな穴、左上にはインプラントの途中の穴。
右も左もまともに噛めない状態になってしまったので、
今夜のご飯は鍋の残り汁にご飯を入れて作った雑炊
雑炊の具さえ、前歯でリスのように噛むという有様、、、とほほ。
歯茎がしっかりと治るまで、柔らかいものだけになりそうです。

062118-9.jpg
062118-10.jpg


*****************************************

このところ健康にいい食べ物に凝っている母ちゃん。
一度は失敗したピクルス作りに再挑戦しました!

↓youtubeにアップされた「主治医が見つかる診療所」を見てる時に見つけた
このレシピ。酢150ml、砂糖50g、塩5gを混ぜたものに
野菜を漬け込むというもの。実にシンプル!

062118-20.jpg


↓ピクルスに再挑戦しようと思っていたので、米酢、赤ピーマン、
大根など、色々と買ってありました。

062118-2.jpg


↓パイレックスで量を図って、、、
今回は容器が大きいので、TVで見た
レシピの3倍の量を調理

062118-3.jpg


↓鍋にかけて砂糖と塩を溶かします。

062118-1.jpg


↓このピクルス用の酢を冷まし、唐辛子を少々加えました。

062118-4.jpg


↓450ml作ったんだけど、容器の上まではいかないなぁ、、、
水とか足すというレシピもネットにはあったのですが、
TVで見たレシピは水は無し。大丈夫かなぁ〜?

062118-5.jpg


↓そして今日、蓋を開けてみると?野菜から程よく水分が出て
いい感じに薄まり、お酢の味もマイルドになりましたよ。
野菜が柔らかくなったので、汁も野菜の上までしっかりとかかっています。

062118-77.jpg
062118-6.jpg


甘さもちょうど良いし、何よりシンプル。
このレシピでしばらくいって見たいと思います。

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif

デンタル地獄2018

 2018-06-17
今年もまたデンタル地獄の季節がやってまいりました。(笑)
現在Dr. Lのところでインプラントの治療をしている最中ですが、
またここで別の歯に問題が勃発!

7年前にDr. Oのところで治療した左上の根管治療をした奥歯
ずっと痛んでいて、ついにはその歯のせいで首とか肩が痛くなってきたんです。
Dr. Lのところでレントゲンを撮ってもらったところ、
「見た所大丈夫ですよ。別に感染も見当たらないし」との返事。
「そうですか、、、じゃ気のせいかな?」そう言ってから早数ヶ月。
<根管治療過去記事1>
<根管治療過去記事2>

しかし痛みや違和感が消えることはなく、肩こりもひどくなるばかり。
いよいよ我慢できなくなり、またDr. Lに相談したところ
CTスキャンを撮ることになりました。

↓その結果がこちら。

061618-1.jpg


「レントゲンではよくわからなかったけど」
隠れていた部分に感染が見られますね〜とDr. L。
まだそこまでひどくはないけれど、歯に痛みを感じるのには
十分な大きさかも、とのこと。
「もう一度根管治療すればこの歯を助けらるかも」とも。

しかしこの歯は曰く付きの歯。過去記事を読んでもわかる通り、
それはひどい虫歯で、抜歯してインプラントにするか、
根管治療をして少しでも持たせるか選択を迫られた過去があります。
結局は歯を残すことに決め、わずかに残った歯の真ん中に柱を入れて
上からクラウンをかぶせて治療をしたのでした。

Dr. Lには「前回の治療の時インプラントを避けて、今回痛くなったので
もう諦めてインプラントにします」と伝えました。
一応「見積もりください」とは言ったものの、かかる金額はほぼわかっており
2本目のインプラントでさらに40万もかかるなんて憂鬱極まりありませんね、、、

「来週抜歯しましょう」と言われて予約は入れたけど、
7月初旬には少林寺日本大ツアーがあるので、
その前に抜歯するのは如何なものか?
ツアーが終わるまで少々の痛みは耐えて待つべきか、まよう〜

****************************************

↓日本の居酒屋で食べたピクルス
同じようなのが作って見たくて、、、

061618-7.jpg


↓インターネットのレシピ見て真似して見たけど、
家にすし酢しかなかったので、しょっぱ過ぎちゃってイマイチ。
失敗したので砂糖や塩が入っていない酢を買ってきて作り直します。

061618-3.jpg


****************************************

↓日本からの帰り、成田エクスプレスの中で
おやつに食べたランチパック・ブルーベリージャム&ホイップ。
パンはフワフワ。クリームも軽くて美味しい!!
半分だけ、って思ってたのにペロリと食べちゃいました。

061618-4.jpg
061618-2.jpg


****************************************

↓Yちゃんがオススメだよ、とくれた福島あかつき・もものジュース
確かに美味しかったよ〜!ありがとう。

061618-6
061618-5.jpg


一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif

久しぶりのデンタル地獄

 2018-04-18
今日は久しぶりにアメリカのデンタルネタです!
あまりのグロさに、モノクロに加工して見ましたが、
お食事中や気の弱い方、グロい画像を見たくない方はご遠慮ください。

何年越しかで悩んだ挙句、年明け早々にインプラント治療を始めた母ちゃん。
今もまだその戦いは続いております。

何せひどい虫歯で骨が溶けてしまい、ボーングラフトなる
骨を再生するところから治療を始めておりますので、、、
しかも場所が悪く、サイナスを傷つけてしまうため、
サイナスリフトという、口の中の工事のようなことまでいたしました。
<ボーングラフトの過去記事はこちら>

そしてボーングラフトをしたところに、ヒーリングを助ける(らしい)
金具を取り付けて、あとは骨が育つのを待つばかり、、、
・・・・・・・・のはずだったんですがっ(汗)

また事件が発生!!

↓このヒーリングデバイス(名前がわかりません)の右側の
歯茎が足りないというのです。

数回チェックアップに通ったんですが、その度ドクターLは
「う〜ん」と難しい顔をして、何やら不満そう。
全て上手く言っていれば「Looks good!」と言ってくれるはず。

041818-1.jpg


↓ついには「ここの部分の歯茎が足りないから、このままだと
インプラントができないんだよね」と言い出しました。

えええええ〜っ!?あんな大変な思いして準備したのに?

ドクターL曰く、ボーグラフト後の傷跡の
縫い目の治りがイマイチだったと、、、
原因を探るうちに、「ペリエが好き」だし「ビールも好きです」と伝えたら
その炭酸のせいかも?とまで言われ〜
おいおいおいっ!!

「術後に炭酸を飲んじゃダメなんて言われなかったですよ」と
こっちもムっとしてしまいました。
バツが悪そうに、苦笑いするドクターL。

041818-2.jpg


↓これがボーングラフト直後の縫い目
「術後はしっかりと歯茎があって、縫い目もきれいでしょう?」
会心の出来だったのに、とドクターL。

溶けるタイプの糸を使って、途中で緩んでしまったのが
失敗の原因だと思っているようです。

041818-3.jpg


このままではインプラントができない。「じゃあどうすれば?」
とドクターに聞くと、もういちど歯茎を切って、足りない部分に
移植
するしかないと言うのです。

ひょえ〜っ。また切って縫うのか。(←もちろんその分は追加料金です)

↓どうやって歯茎を増やすのか、頭では見当がつきませんでしたが
この写真を見せてもらって納得!
点線のように歯茎に切り込みを入れ、上にリフトアップして
縫い付けたわけです。

その後歯茎はトカゲの尻尾のようにくっつき
かけてしまった部分も元どおりに修復するそうです。

041818-4.jpg


↓左が歯茎が足りなかった状態。右が再手術後。

041818-7.jpg


今度は溶けないタイプの糸でしっかりと縫合してもらい、
2週間ほど柔らかいものを食べ続けました。

↓そして先々週行った検診では〜

「うん!今度はバッチリだ!!」と歯茎の育ちもドクターLの
お墨付きを頂きました。わ〜い!!ヽ(≧∀≦)ノ

041818-8.jpg


今度こそ、順調に骨さえ増えれば、インプラントにこぎつけられそうです。
今年の年末にはちゃんと物が噛めるようになってるかな〜?

ちなみに追加で行ったミニ手術の請求はまだ来ておりません。。゚(゚´Д`゚)゚。

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif

口の中、ただいま工事中

 2018-01-09
今日はついに数年前からひきずっていたインプラントを決行しました!
見積もりは去年の春とった通り。

↓これが去年もらったインプラントの見積もり
今日はサイナスリフト&ボーングラフトの分を払いました。

しめて$2695.50!くぅぅぅ〜〜〜。高い。

010918-5.jpg


歯を抜いて、骨が十分あればすぐにインプラントへと進めたのですが、
母ちゃんの場合、あまりに虫歯がひどく骨が侵食しており
まずボーングラフトという骨を作る作業からしなければならないそう。

おまけにサイナスにかかってしまうため
サイナスリフトと呼ばれる、持ち上げる作業も必要で
ますますお金がかかるようです。とほほほ、、、

↓わかりやすい図解があったので、ネットから拝借しました。
こんな感じで、下からサイナスを持ちあげ、
骨が10ミリほどの厚みになるまで育てます。
そのあとにようやくインプラントが可能になります。

sinuslift_socketlift.gif


まず歯茎をカットし骨を露出し、
その骨にドリルで穴を開け
そこからサイナスを押し上げて、ボーングラフトをします。

サイナスリフトをした時に、ガンガンと金槌で
釘を打ち付けるような音がして、頭を殴られるような衝撃が、、、
そして口の中はまさに道路工事現場状態!

↓それもそのはず、、、後で見たら
ホントにトンカチだったんだもんね。(苦笑)

010918-4.jpg


↓途中ドクターLはインプラントのボルトを入れて
なんども深さを確認していました。

010918-3.jpg


↓本日入れたチタン(?)
ボーングラフトをしたので、あとは骨が形成されるのを
じっくり待つばかり、、、何ヶ月かかることやら。

010918-1.jpg


↓後で見せてもらった縫い跡のある切り口。
(あまりに生々しいので写真は白黒に変えてあります)

010918-6.jpg


↓最後にカイザーの薬局によって抗生物質と
強力な痛み止め
をもらいました。

010918-2.jpg


今夜は痛くなりそうなので、痛み止めを飲んでぐっすり眠りまーす。
早くインプラントが入って、美味しくご飯が食べれる日が来ますよ〜に!

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif

なんと口内炎!?

 2017-05-05
さて昨日、しぶしぶ重い腰を上げかかりつけの歯医者さん
Dr. Lのところへ行ってきました
9時の始業前に時間を作ってくれたので、朝8時前に到着。
ひとけもなく閑散としたショッピングモール。

050517-1.jpg


↓去年の治療を終えてからほぼ1年ぶりくらいかなぁ。
本当はずっと前に歯のクリーニングにこなければ
いけなかったんだけど、忙しさにかまけてサボってました。
今になって悔やまれる、、、

050517-7.jpg


「今日はどうされました〜?」とDr. L。
「あのぉ、、、実は1本痛い歯があって
なんだか歯茎が腫れてきて、去年の時みたいに
ルートカナルの奥が化膿とかしてたらどうしよう!
と心配になってきましたっ」と一気に説明する母ちゃん。
Dr. Lって癒し系なので、つい相談したくなるんです。

「まずレントゲン撮ってみましょうね〜」とDr. L。
パチャリ、パチャリ。取るたびに隣のスクリーンに
画像が映し出されます。

それを見たDr. L、「ルートカナルは大丈夫ですよ」
とレントゲンを見せられました。

なるほど、素人目に見ても感染しているような影はなく
ルートカナルのあとの3本の線が綺麗に見えました。
まずはホっと胸をなで下ろします。

「じゃあこの歯茎の痛みはなんなのでしょう?」
そう言って口の奥を指さしたら、そこへ小型カメラ
入れて丁寧に写真をとってくれましたよ。

「これは〜〜〜〜〜口内炎ですね」とDr. L。

「こ?口内炎???」これはまったく予期せぬ展開!

まさか歯痛の原因が口内炎とは、、、
要するに去年抜歯したひどい虫歯がトラウマとなり
歯茎の痛みか歯の痛みかわからなくなっていたんですね〜
ぷぷぷっ

↓しかし他のレントゲンから、大昔に日本でやった
クラウンの隙間からできた虫歯が2本発覚
境目が黒くなっているのは、中に虫歯が潜んでいる
サインなんだそうです。うぅぅぅぅぅ(泣)

「このクラウンはかなり古いし、虫歯にもなってるみたいだから
やり直したほうがいいですね。外してみないと虫歯の深さは
わからないけれど、、、」と言われてしまいました。
今時のアメリカで、このような銀歯治療するところはないので
過去の産物ですよね。

おまけに「去年抜歯したあとも、そろそろ治療したほうが
いいですね。見積もりを出すのでどうしたいか決めてください」
だって。とほほほほ

050517-6.jpg

(画像はお見苦しいのでモザイクにしてあります)

そして歯のクリーニングをして歯科医院をあとにしました。

数時間後にアシスタントのTさんがくれた
今後の治療のお見積もり3点セットがこちら。

↓まずは去年抜歯した左上奥の穴を埋めるインプラント
CTスキャンをとり、必要であればボーングラフトをして
骨を形成するまでまつらしい。
合計$5718、保険適応分が$1353、自腹が$4365
(過去の見積もりはこちら)

050517-2.jpg


↓こちらはインプラントではなく、ブリッジにした時の料金。
インプラントに比べ保険が多めに出るのが特徴。
合計$2299、保険適応分が$1149.50、自腹が$1149.50
しかし周りの歯も完璧とは言えないので、
やはりこの選択はないかなぁ?と思い始めています。

050517-4.jpg


↓最後は古く虫歯になった2本のクラウンのやり直し治療費。
合計$1636、保険適応分が$768、自腹が$868

・・・・・この金額を「あら、お安いわぁ〜。おーほっほっ」
と一瞬思ってしまった自分が怖い(苦笑)

050517-3.jpg


アメリカのあまりにもバカ高い医療費に毒されて
感覚がおかしくなってきました。やばい〜っ!!

インプラントはともかく、クラウン2本は早急に治療したほうが
良さそうです。パート代が歯に消える〜
おい、コラ、トラちゃん、どーにかしてくれ! Σ(´Д`lll)エエ!!

********************************************************

↓無事出来上がったねねのビールプロジェクト
チームのみんなも気に入ってくれたようで良かったです。
こうしてラベルを貼ると本物の売り物みたいでしょう?

050517-10.jpg
050517-11.jpg


一徹に見せたら"Orange - you glad to see me"を読んで
笑ってました。
「何がおかしいの?」って聞いたら
『ボクは人気者だから「いやいやみんな待たせたねぇ」みたいな
感じ』なんだって。へぇ〜、知らなかった。
まだまだ知らない英語の表現、ありますね。

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫