笑のツボ
最近、家ではお笑いを見ながら仕事をしたりするのですが
特にはまっているのがシソンヌ
中でも何回見ても爆笑してしまうのが
「アパレル店員」というネタ

あまりにも面白いので、このおかしさを共有したいと
りりにリンクを送ったところ

「全然面白くない!」

駄目出しされてしまいました。
自分の中ではこのネタは最強で、日本中の誰もが笑うと思ってたんで
「りりはアメリカ育ちだし、生粋の日本人じゃないからだ〜」と
心の中で納得しました。

そしておととい、職場の上司(日本からロスに来てまだ1年)なら
わかってくれるに違いない!
おまけに彼は母ちゃんと同じ三多摩地区出身。
笑いのツボが外れるわけがない、、、

そう思って上司にお笑いのリンクを送りました。
シソンヌの「アパレル店員」



小さなオフィスのランチタイムにシソンヌのコントが流れ出します。
画面を見ずとも、彼らの声が聞こえてくるだけで
吹き出してしまう母ちゃん。

それに反して、ボスのNさん。

「・・・・・・・・」(沈黙)

「え〜っ!?おかしくないのっ?嘘っ!!」と驚く私。

Nさん曰く、彼の好きなお笑いはこういうドラマ仕立てでなく
話術で笑わせる、古典的なコントが好きなのだとか。
彼がオススメのネタは兵頭大樹 の「割れたグラス」



この動画を見た母ちゃんの反応は〜

「・・・・・・・・全然笑えない。

母ちゃんはシソンヌとかアンジャッシュとか
ドラマ仕立て、演技が上手い人のコントが大好き。
現代風の、ちょっとシニカルな感じのが好きなんです。
日本エレキテル連合も結構好きだったなぁ。
古典お笑いの好きなNさんとは笑いのツボが見事に違う、、、

人によってここまで笑いのツボが違うのか、と
驚いた出来事でした。
皆さんのオススメお笑い芸人は誰ですか〜?

*******************************************************************************

一徹と母ちゃんがソファに座ってビール飲んでると
スルスルっと寄ってきて、ナデナデすると
超かわいいまん丸の瞳で見つめてくるハー坊。
この可愛さはもう罪のレベル。

011917-2.jpg
011917-3.jpg
011917-1.png


一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2017/01/19(Thu) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
カタカナ英語とアメリカ英語
今日405フリーウェイを走っていた時のこと。
目の前を走るトラックにマットレスの写真があり、
「Tempur Pedic」の文字が目に飛び込みました。

以前日本人のママ友に「テンピュールが欲しいんだよね」と言われ
「?」となってしまった母ちゃん。
「Tempur Pedic」の寝具は知っていましたが、
アメリカ英語のままカタカナにすると「テンパーペディック」
という発音になるので、「テンピュール」と言われた時、
なんのことだかわからなかったんです。

考えてみれば日本で使っているカタカナ英語と、
アメリカ英語での発音が違うために
伝わらない言葉は結構あります。

母ちゃんがカタカナとのギャップが大きくて苦労した商品名は次の通り。
(左がカタカナ英語、右がアメリカ英語)

GODIVA ゴディバ:ゴダイバ
COSTCO  コストコ:コスコ(発音はカスコに近い)
JUICY COUTURE ジューシークチュール:ジューシーカトァ
CROISSANT クロワッサン:クロサーント(サーにアクセント)

その他にもネットで調べると続々出てくる出てくる〜
カタカナと英語の発音が違う単語。
(左がカタカナ英語、右がアメリカ英語)

VITAMIN ビタミン:ヴァイタミン
ALLERGY アレルギー:アレジー
ENERGY エネルギ-:エナジー
MCDONARD’S マクドナルド:マクダーナルズ
JESUS CHRIST イエスキリスト:ジーザス・クライスト
CAREER キャリア:カリーア
(キャリアーというと、病気を持ってる人になってしまうので要注意)
PROFILE プロフィール:プロファイル
METER メートル:ミータァ
THEME テーマ、スィーム(スはthの音)
CYAN(青色) シアン:サイアン

その他言葉自体が根本的に違う、なんてのもあるんですよ〜
以下、車に関する用語の違い

ハンドル→ステアリング・ウィール(steering wheel)
ウインカー→ブリンカー(blinker)
バックミラー→リアビュー・ミラー(rearview mirror)
フロントガラス→ウインドシールド(windshield)
アクセル→ガス・ペダル[米](gas pedal)
あと、一徹親父にタイヤのホイールって言ったら、
リム(rim)ね、って訂正されました。

数え上げればきりがない、外来語(カタカナ英語)と英語の発音の違い。
かくいう母ちゃんはずっとCROISSANTが発音できず
食べたいのに注文できない日々でしたが、
ようやく15年経った今、注文できるようになりました。ぷぷぷっ

先の長い英語習得への道。日本人には高い発音の壁ですが、
がんばりましょう!

********************************************************************************

先日コストコで見つけたジェリービーンズ柄のまくら
ねねとりりに写真を送って見せたら、ねねから「欲しい!」
と返事が来ました。りりは「いらな〜い」って冷めてたけど。
ねねはオレンジ色が大好きなんです。(2個入りで9.99ドル)

040516-16.jpg


↓買った後で気づいたんだけど、香り付きなんだって。

040516-8.jpg


↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/04/06(Wed) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
面白すぎるぞ!ショーンK
海外に住んでいると浦島花子になりがちですが、
母ちゃん、つい数日前までショーンKの存在すら知りませんでした。

私の尊敬するマネージング・ディレクターの
広瀬隆雄さんのツイッターを見て
「ショーンKはどうやってあんなに英会話が上達したのか?」
のコメントから初めて知りました。

↓日本ではこの人が活躍していたんですね、、、

o0400026613579809294.jpg
3c9cbc26.jpg


報道ステーションやとくダネ!のコメンテーター、
コマーシャル、ビジネス本など多岐メディアで
引っ張りだこの売れっ子
、、、だったらしい。

名前:ショーン・マクアードル川上
(略してショーンK)

生い立ち:ニューヨーク生まれ
アイルランド-アメリカ系日本人の父、日本人の母を持つ
11歳の時に日本に渡り、高校卒業まで日本で過ごす。

現職:ブラッドストーン・マネジメント・イニシアティブ・リミテッド
という世界7ヶ所に支店を持つコンサル会社の社長

学歴:テンプル大学でBA(学位)
ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。
パリ第1大学パンテオン・ソルボンヌに留学

という華々しい肩書き。

ところがこれ全てが嘘っぱちだったという話
(詳しいことはショーンKでググると山のように出て来ます)

この話を聞いた時、この人
日本人のコンプレックスとかツボを利用する
天才サギ師だなぁと思いました。

高学歴・ブランドネーム、
イケメンハーフでバイリンガル、
ビジネスでの成功者、日本人が大好きなキーワードがいっぱい
これだけ揃っていればマスコミが放って置くはずもなく、
案の定、マーケティング戦略が当たって超売れっ子になったわけですが

ここまで堂々と嘘ついてバレないと思ってたのか?
それともバレるまで稼げれば良いと思っていたのか?
その辺が謎ですね。

そして広瀬さんが言ってるように、
もっと謎なのはなぜ彼がこんなに英語がうまいかということ。
若い頃海外を遊学していた、ということでその間に学んだのかな?
とも思うんですが、ただぼーっとしているだけじゃ英語は身につきません。

母ちゃんが推測するに、彼は案外努力家なんじゃないかと思うんですよ。
コメントするにしても、時事問題をしっかり知っておかないと
何も言えませんよね。

りりに彼の写真を見せたら「ハーフにしか見ない」と言ってました。
鼻を整形したのではないかと言われていますが
家系的にもともと彫りは深かったそうです。

ウソをあっさり認めて平謝りしたり、番組を降板したり、
昔のあだ名がホラッチョ川上とか、親戚に笑いもんにされてたとか、
キャラクターが実に人間臭くて憎めない

彼の場合、共演者からの評判も良かったようだし
いっそ高卒、日本人、ホラふき少年時代、
ぜ〜んぶ本音で勝負して、でも今はイケメンで
バイリンガルでどっこい生きてる!ってとこ見せたほうが
ずっと息の長いタレントでいられんじゃないかって思いますね。
マーケティング戦略を間違えたのかなぁ、、、

あっぱれなサギ師に日本全土が騙されたという
実に面白い事件でありました。
一番反省すべきは、本人はもちろんですが
バックグラウンドチェックもせずニュースのコメンテーターに
起用してたマスコミ各社でしょうね。

しばらく休んで次のことを考えると言っているようですが
彼がまたいつかマスコミに登場する日は来るのでしょうか。

******************************************************************************

日曜日のランチ、家の近所のハリーズカフェへ。

032016-3.jpg


↓この店はどのメニューもかなりのボリュームなので
クラブサンドを一徹親父と半分こすることに、、、
付け合せの揚げ物はオニオンリングとズッキーニフライにしました。
両方ともカリカリで美味しい!
サンドイッチもボリューム満点で半分でお腹いっぱい。

032016-1.jpg

032016-2.jpg


↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/03/20(Sun) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うちのバイリンガールの頭の中
先週、日本人の友達Jさんとタイ料理を食べに行ったときのこと。
(過去記事はこちら)
Jさんの二人の娘さんも来てくれたのですが、
そのとき、はた、、、と気づいたことがあります。

娘さんのMちゃんとRちゃん、お母さんや私と話すときは
流暢な日本語なんですが、姉妹の会話になると英語なんです。
発音はもちろん超ネイティブ。
「あれ?お二人の会話は英語なのね?」
びっくりして質問する私。
「二人の会話のときは英語だよね」とお二人。

ほぉぉぉぉ〜っ、実に興味深い。だって
自分の記憶の限りでは、ねねとりりが英語で会話しているのを
聞いたことがない!!

我が家の場合、姉妹どうし&母子どうしの会話は日本語、
そこへ一徹親父が加わると英語に変わります。

米国育ちで親が日本人の姉妹や兄弟の場合
兄弟同士の会話は英語と日本語、どっちが一般的なんだろう?
俄然興味が湧いてきました。

さっそくねねにも聞いてみました。
「ねぇねぇ、、、ねねとりりって、ママがいないとき
英語と日本語、どっちで喋ってるの?」と。

「なに変なこと聞くの。日本語に決まってるじゃん
日本人なんだから
「え〜!アメリカ人なのかと思ってた」って言ったら
「失礼だなあ!」と怒られました。(苦笑)

もしねねがりりに英語で話しかけたりしたら
なにカッコつけちゃってるのさ!」って言われるのが
関の山だそうです。
英語がしゃべれる=かっこいい、と思ってる時点で
確かに日本人だなぁ。ぶぶぶっ

ねねに母ちゃんの疑問を打ち明けると
姉妹の会話の場合、日本語と英語、どちらが一般的なのか
ねねも疑問に思った様子。
それじゃあご両親が日本人のTちゃん(高校時代の友達)に聞いてみよう、
ということになり、さっそくテキストメッセージで問い合わせると
「兄弟どうしの会話は英語だよ」という返事が来ました。
やっぱりそうなんだーーー。

ねねと母ちゃん、二人で分析した結果、、、

*ねねが6歳、りりが3歳まで日本で暮らし、そのあと米国へ引っ越し。
*幼稚園から小学校5年生までトーランスの全日制日本人学校Nアカデミーへ通学。
*5年生の後半から現地校へ転校。

という経歴のねねとりりにとって、第一言語は日本語であり、
日本語でしゃべるほうが楽なのだろう、という結論に達しました。

「『ねねちゃんって夢はどっちで見るの?』ってよく聞かれるんだけど
両方で見るんだよね。日本の夢だと日本語だし、
アメリカでの夢なら英語だし」だそうです。実に興味深い。
頭の中に日本語と英語の引き出しが二つあって
上手に出し入れしているというところか。

子供の語学を司る脳は幼少期に形成されるといいますが
ねねとりりがいい例なのかも、、、
ちなみにうちの場合、国籍は二重国籍ながら、
ず〜っと日本語9割、英語1割といった環境で育てていたので
5年生の1学期に現地校に移った時、二人ともほとんど
英語がしゃべれず、補習を受けさせられたほど。
(英語力を心配して中学までは私学に入れていました)

ちなみにねねはミドルスクールを卒業する頃に
英語力は平均に追いついていましたが
りりのほうは長い間苦戦してましたね。
英語環境へ慣れるスピードも個人差があるようです。

しかし現地校に移ってからは英語9割、日本語1割
の生活に変化したため、現在の漢字や語彙には限りがあります。
ここから先は自己努力で日本語力を強化していかないと
仕事などに使うのことは難しいのでしょうね。

日本語を母国語として育てたいか、英語を母国語として育てたいか
いま小さなお子さんをお持ちのご両親の
参考にしていただけたら幸いです。

******************************************************************************

おとといは「私は日本人だ」と豪語するねねといっしょに
日本人シェフの経営するジャパニーズイタリアンの店
CEPPOのディナータイムに初挑戦。

↓ランチに来た時とは若干メニューが変わっています。
まずはappetizerから、Kobe Beef Tartar。

021616-8.jpg


↓そしてねねはウニパスタ、母ちゃんはペスカトーレを注文。

021616-1.jpg


↓こちらがビーフタルタル
見た目とっても綺麗なんですが、冷製の前菜だったため
霜降り神戸ビーフの脂身が白く固まっており
なんともまずい、、、
霜降り牛は暖かく食べるのがベストだな。残念!

021616-6.jpg


↓ペスカトーレは他のお店よりトマトが少なくとても上品な味。
これはこれで美味しかったけど、自分としては
ハンティントンビーチのマンジャマンジャや
フェウンテンバレーのモナリザのペスカのほうが好き。

021616-7.jpg


↓ねねのウニパスタは具がウニしか入ってなかったからか、
「さみしいなぁ」とつぶやいてました。
カフェヒロのウニパスタはほうれん草が入ってるよね。

021616-3.jpg


↓ねねのデザートはティラミス
甘さ控えめでとろ〜りととろける絶品!

021616-2.jpg


↓母ちゃんはパンナコッタを〜。
ねねがランチの時食べてておいしそうだったんだよね。
こちらも最高に美味しい!

021616-4.jpg


個人的には、CEPPOはお料理はまあまあ、
デザートが絶品という印象でした。
デザートだけテイクアウトできたら嬉しいなぁ、、、

**************************************************************************

↓うちのバレイタインボーイ
「ママのバレンタインになって〜」ってチューチューしてたら
りりに呆れられました。ぷぷぷっ

021416-11.jpg


↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/02/16(Tue) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ネットで炎上中
先日このブログでも取り上げたオリンピックエンブレム作者である
アートディレクターの佐野研二郎氏
なんと!今度は別の作品もパクリであるとネットで大炎上しています。

一番問題になっているのはサントリーのキャンペーンに
使われているトートバックのデザイン各種
続々と個人ブログの写真の無断借用や、イラスト、
デザインのコピペやトレースの事実などが発覚。

この記事を読んだ母ちゃんの感想。

・・・・・ああ、やっぱりね

オリンピックのロゴという一世一代大勝負の仕事があの内容なので、
それ以外のもっと小さい仕事は当然コピーしているだろうなと、、、
(サントリーのキャンペーンは小さな仕事じゃないけど〜)

でもこの方、プロなのにあまりにも
著作権とか版権といったことに無頓着すぎる

なにも個人ブロガーさんが撮影したフランスパンを使わなくても
版権フリーの画像なんて山のように購入できるし、
トートバックに印刷するのであれば、そこまでクオリティの高い
写真でなくても良いので、自分でスマホで撮影して
フォトショップで修正という手もあったはず。

ただ取り上げられてるデザインの中には「これはオッケーじゃない?」
と思われるものまで含まれていて、ちょっと気の毒な部分もあります。

↓たとえばこれ。
能登健一氏の描いたスイカとそっくりだと言われていますが、
スイカのイラストなんて誰が描いてもこうなりますよ。

かじった跡の形と場所が同じなのはちょっと気にはなりますが
種の配列も、皮の感じも違うのだから、母ちゃんとしてはこれはOK。

081315-1.jpg


↓能登氏のイラスト

081315-5.gif


↓そしてこれ。某イラストレーターの作品をトレースして
変更を加えているというのですが、他のイラストにアイデアをもらったとしても、
一応自分で描いてアレンジも加えているのでセーフだと思います。

081315-4.jpg


↓オリジナルのイラスト

081315-3.jpg


逆に絶対アウトなのはこれ。
↓Second Life Marketplaceというお店で売られているビーチサイン
手書きの文字とカスレ具合までがまったく同じ

081315-9.png


↓Second Life Marketplaceの商品。

081315-2.jpg


「Beach Sign Arrow」で検索するとたくさん画像が出てきました。
単純な素材なんだからイラストで書けばよかったのにね。

081315-7.jpg


↓あるブロガーさんが撮影したフランスパンの写真をそのままコピペ。
せめて断りを入れるか、使用料を払っていただきたかった。

081315-6.jpg


↓オリジナルのバゲットの写真。

081315-8.jpg


30点もあるトートバッグのデザインをすべて佐野氏ご本人がしたとは考えにくく、
おそらく部下が作ったデザインの中から選び、修正の指示を出したり
といった作業だったのだろうとは思います。

↓そしたら同じデザイン会社に勤める佐野氏の奥さんのコメントを発見。

「確かにトートバッグのデザインを監修したのは佐野です。
しかし、細かい実務を担っていたのは何人かの“部下”です。
その部下たちの話を聞いた上でないと、返答はできません。
今は事務所が夏季休暇に入っているので、調査にもう少し時間がかかります。
そもそも、ゼロベースからデザインをつくり出すことは、
一般的ではありません。あくまで一般論ですが、
どこかで見たデザインから無意識に着想を得ることは、
珍しいことではありません」

これはこれでまた物議をかもし出しそうなコメントですね〜。
「実務を担っていたのは何人かの部下」と言われても、
佐野氏の名前で世の中に出しているわけですし
部下がネットから拾ってきたものをそのままコピペしてるかどうか
くらいのチェックはディレクターとして最低限必要でしょう。
第一、はなっから罪をなすりつけられようとしている部下さんたちもいい迷惑です。

近々ご本人が出てきてまた釈明会見をするのか?
それともこのままたち消えるのか?
元博報堂アートディレクター、現デザイン会社代表、
多摩美教授と錚々たる肩書を持つ佐野氏。

いったい今後の仕事がどうなっていくのか?
同業者としては事の収束がどうなるのかが気になるところです。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2015/08/13(Thu) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ