Amish Friendship Bread
先々週の土曜日、少林寺拳法の生徒さんの一人であるLさんから、
↓ある白い液体がまわってきました。

day1.jpg


チェーンメールならぬ、チェーンブレッド。

パン&お菓子づくりは私の不得手とするところ…
一瞬受け取りを躊躇したものの、Lさんに
「Fried Eggさん、ワタシのお友達ですよね~?」と言われ
つい受け取ってしまいました。
(随分、年の離れた友達だけどね)

その名を「Amish Friendship Bread」と言います。

※Amishとは
アメリカ合衆国・ペンシルベニア州やオハイオ州などに居住する
ドイツ系アメリカ人で、原郷はスイス、アルザス、シュワーベンなど。
人口は20万人以上いるとされている。
アーミッシュは電気を使用せず、現代の一般的な通信機器
(電話等々)も家庭内にはない。原則として、
現代の技術による機器を生活に導入することを拒み、
近代以前と同様の生活様式を基本に自給自足の生活を営んでいる。
(wikiより)

Amish伝わるパンの酵母を大切に10日間育てて増やし、
↓4個のジップロッグに分けます。

fukurowake.jpg


この4袋に小分けされた酵母は、また友人に手渡され、
彼らが10日間で量を増やした後、
その次の4人に渡されて行くといった次第であります。

もちろん友人にわけたあとの残りのタネを使って、
自分用のアーミッシュブレッドも焼きます。

主な材料は
*ホールミルク
*小麦粉
*サラダ油
*玉子
*砂糖
*シナモン
*バニラプディングミックス粉
*バニラエッセンス
*ナッツ
*ベーキングパウダー
*ベーキングソーダ
*塩
*そしてもちろん、このアーミッシュ酵母

細かい説明は長くなるので省略しますが、
酵母を受け取ってから2日~9日までは、主に
暖かいところにおいて、ジップロッグをもんだり
ガス抜きをしたりして、酵母のお世話をします。
まことに気の長い話です…。
(インド人以上かも?)

そして10日目にようやくパンが焼けるといった具合です。

わ~い!わ~い!やっと焼けるぅ~。
そう思ってはり切って材料を探すと、

シナモンは無い、バニラプディングミックスは無い、
パンを焼くためのパウンドケーキ型が無い、
おまけに

牛乳まで切れてるぅ~~~(涙)

仕方ないので11日目の今日、材料を揃えて焼いてみました。

↓買ってきたシナモンとバニラプディングミックス

jellomoyo.jpg


↓酵母、サラダ油、牛乳、玉子などの液体類を混ぜ…

liquid.jpg


↓小麦粉、砂糖、プリンミックスなどの粉類を混ぜ…

kona.jpg


↓上記二つを混ぜ合わせます。

mazemaze_20090630142501.jpg


kiji.jpg


↓パウンド型に流し込み…

kijikata.jpg


↓華氏325度で1時間焼くとできあがり~~~!

loaf.jpg


↓切り口はこんな感じ…

kirikuchi.jpg


cake_20090630142426.jpg


さっそく、ねねと二人で味見。

ほおおぉぉぉ、う・ま・い。

11日かけて作った甲斐があったぞぉ~。
(ま、もう二度とやらないとは思うが…)

しっとりしていて、シナモンがきいており、
砂糖をたっぷり入れた割にはあっさりしています。
パンというよりはシナモン&ナッツパウンドケーキといった感じ。

あとで気づいたのだけど、このパン生地、
絶対に金属で混ぜちゃいけないのだとか。

思い切りステンレスの泡立て器で、まぜちまいました。
ひょぉ~っ。
ま~、結果美味しくできたのでいいですかね?

明日はこのケーキとコーヒーで
おしゃれな(?)朝ご飯ざんす。お~ほっほ。

アーミッシュブレッドの素がまわってきたアナタ。
美味しいから是非挑戦してみてねー!

今日もおつきあいありがとう!
下のバナーを一押ししてもらえると励みになります。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング



2009/06/30(Tue) | グルメ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ