寿司職人りり
先週金曜日に提出したりりのHeritage Report

各自が自分たちのルーツ(りりの場合は日本)について
文化、地図、歴史などをまとめレポートを作成しました。

そしてそのHeritage Reportの仕上げには
各文化にちなんだ食べ物を持って行かねばならない…
らしいんですよ。

「あなたは何を持ってくるの?」と友達に聞かれたりり。
思わず、、、

「寿司!」と答えちゃったらしい。

…す、寿司。(汗)
アメリカ人の子は魚介類が嫌いな子が多いし、
見た事が無い食べ物もイヤがる。
じゃあ、食べてくれる可能性があるのは

カリフォルニアロールか?

正直言ってカリフォルニアロールなんて、
1回くらいしか作った事ないです。
本番で失敗すると困るので、2/3(木)の提出日の前に、
一度試作しようということになりました。

↓材料は夕べの残りのカニと、アボカド、キューリ。

sushi9.jpg


↓母ちゃんとしては、さっさと試作しちゃいたいのだけど、
「りりがやる~!りりがやる~!」と
手を出してくるので、かえってややこしい。

sushi5.jpg


黒い海苔を、視覚的にイヤがる人が多いからだと思いますが
アメリカの巻き寿司は、海苔が外側ではなく、
ご飯が外側になって巻かれていることが多いです。

↓その場合は海苔にご飯を乗っけて裏返すか、
海苔より先にご飯を敷くかのどちらかですね。

sushi6.jpg


↓インターネットのレシピでは、「海苔の上に具を乗せる」
と書いてあったんだけど、それじゃあ具が滑り落ちるかも、
と思ったんで、海苔の上に
またご飯を乗せてしまいまいした。

sushi4.jpg


↓そして、その上から具を乗せると…

sushi8.jpg


む・む・む・む…。

sushi7.jpg


太いっ!!

sushi1.jpg


sushi3_20110131134752.jpg


↓具が少なくて、えらくぶっとい
カリフォルニアロールになっちまいました。

sushi2.jpg


ご飯はなんだかベチャベチャしているし~、
具はなかなか中心に行かないし~、
具の量のわりにご飯が多い。
(ねねなんて、カニマヨを上から足して食べてました)

やっぱり職人さんが作る巻き寿司のようには行きません。
味はそれなりに美味しかったので、
多少の不細工さはご愛嬌ってことで、許してもらいましょうかね。

********************************************************************

↓いまさらですが、ウォルマートでバレンタイン用の
テーブルクロスを買ってきました。
さあ、今年のバレンタインは家族に何をあげようかなぁ。

tablecovervd.jpg


↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif

2011/01/31(Mon) | 教育 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ