一徹親父よ、ありがとう!
11/8(土)に内輪でのトーナメントを予定している少林寺拳法OC支部。
トーナメントとは言っても、今年はうちの道場のみなので
日頃の練習の成果を家族や友人に発表する場所、という感じですね。

拳士は全員カタと乱取りに参加せにゃ〜いかんらしいのですが、
また母ちゃんの盆踊りのようなカタをお見せするのかと思うと
恥ずかしいやら情けないやら、、、

そしてカタを覚えるのに苦戦しているおチビ拳士のL君
一徹師匠の特訓に耐え、日々がんばっております。

月曜、木曜の通常練習に加え、月火は我が家で個人指導。
一週間のうち4日が練習日というハードスケジュール。
昨日も我が家のリビングルームからはL君の元気な気合いが聞こえました。

そして帰りがけ、お迎えに来たL君のママが
「これ作ったので食べて」と母ちゃんに手渡したものは、、、

なんとっ、手作り餃子!!

L君のママは生粋の中国人。買ってきた皮は美味しくないからと
皮も中身もすべて手作りしているそうな。
餃子の本場、中国から来た人が作った手作り餃子。
母ちゃんはもう、嬉しくて飛び上がりそうでした。

「日本人も餃子を食べるんでしょう?」とL君ママ。
「よく作るけど皮は買ってきちゃうよ」と母ちゃん。
中国人からしたら、スーパーで売ってるペラペラの皮は
コシがないし邪道なのだろうなぁ。

「中国人は普通水餃子にするの?」と質問すると
「それが一番一般的だけど、焼いてもいいのよ」とのこと。
さっそく今日の一人ランチに、10個ほど茹でて食べてみることに。

↓ジップロッグにいっぱい冷凍して持ってきてくれました!
全部母ちゃんが食べたら恨まれそうなので、
ねねとりりの分もとっとかなきゃ。

103014-3.jpg
103014-1.jpg


↓夏に友だちのAちゃんと作ったのを思い出しながら、
熱湯の中に冷凍された餃子を入れて浮き上がってくるのを待ちます。

103014-10.jpg


↓おお〜、美味しそうにゆだった!出来上がり!

103014-5.jpg


熱々をポンズでいただきます。

↓中をじっくり見てみると、いろんなものが入ってます。
ズッキーニ(みたいなもの)、エビ、鳥ひき肉、ショウガ、、、

103014-2.jpg
103014-7.jpg


皮はシコシコ、中はジューシー

もう最高ですっ

中国4000年の歴史を感じました。(笑)

こんなウマい餃子にありつけたのは、
すべて一徹親父と少林寺拳法のおかげ!
両者にこれほど感謝したことは人生一度もなかった。ぶぶぶっ

あまりに美味しかったことを一徹親父に伝えたら
「オレの努力のおかげだろ〜?」と鼻高々に言うので
「そーよー。いままでで一番、パパと少林寺に感謝した」と言ったら
”LOOSER!!”の一言が返ってきました。がはは。

「ママは、食べ物でそんなに幸せ感じれるんだ〜」って一徹。
あったりまえじゃん!母ちゃんから食い意地とったらなにも残らん。(言い切る)
幸せも、思い出も、ぜ〜んぶ胃袋につながってるのだ。

というわけで、ぜひL君ママに本場の皮の作り方を習い
食いしん坊チームで作ってみたいと思います。
ねね〜、アシスタント頼むよ!

************************************************************************************************

↓今日の朝焼け。

103014-9.jpg
103014-6.jpg


↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2014/10/30(Thu) | グルメ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ