CogATよ何処へ?
今年の9月からねねと同じファウンテンバレー高校に通うりり。
日本で言う「早生まれ」にあたってしまううえ
チビのダンナの遺伝子か、クラス中で一番小さなりり。
高校生になるなんてピンと来ないけれど、学校への提出書類
オリエンテーションなど、着々と連絡が来るので
だんだんと現実味が増して来ました。

「○○日にHonors Classを取る生徒のオリエンがあるらしいぞ~。
通常クラスを取る生徒は○○日だって~。」一徹親父が
スクールディストリクトからの手紙を読み上げます。
(注:アメリカの高校は日本の大学のように単位制。
卒業までに各自が履修クラスを決め、必要な単位を取って行きます。)

「オナーズクラスねぇ~」そう呟いた後、
「あ~~~っ!!」と血の気が引きました

たしかねねが高校へ進級した時の経験では、
8年生の2月頃に、CogAT (Cognitive Abilities Test)と呼ばれる
オナーズクラス(優秀なクラス)のプレイスメントテストを
受けた記憶が有ります。
逆にこのテストを受けないと、オナーズクラスへの道が断たれたも同然。
(※過去記事はこちら)

別にりりにオナーズクラスを取って欲しいなどと
高望みしている訳では無いのです。
ただ、ねねがアメリカの公立高校に通ってみて
学校の実態が分かって来たもので、いろいろと不安な点も、、、

オナーズとかAP (Advanced Placement program)以外の、
一般クラスを取ると、宿題は平気ですっぽかす、
授業は聞かず遊んでる、寝てる、など
ヤル気の無い生徒が多いらしいんですよ、、、

「オナーズクラス(優秀なクラス)、通常クラス、通常以下クラスと
3種類くらいあるけど、一番下のクラスには
りりはぜ~ったい入っちゃ駄目だよ!」とねね。

そんなこと言われても、もう遅いかも!?

あわててウェブサイトを調べてみると、
例年CogATテストは2月に行われている様子。
「2012-2013 Huntington Beach High School District CogAT Test」
でいくら調べてもヒットしません。

冷や汗かきながらネットサーチすること約1時間

たどり着いた結論は、CogATテストは2010年から
廃止になったかも!?ということでした。
テストの結果ではなく、先生からの推薦状、通知表、州の統一テストなど
総合評価で取れるクラスを決めるようになった、
というような内容のページを見つけました。

もしこれが真実だとすると、いくら探しても今年度の
試験スケジュールが見つからなかったのも納得出来ます。

お~い、教育委員会よ。
そんなに簡単にシステムを変えないでくれ~~!
母ちゃんは焦るだろっ

事の真相は、明日一徹親父がスクールディストリクトに電話するので
また報告します!
最新情報ご存知の方が居らっしゃいましたら教えてくださいませ。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2012/03/13(Tue) | 教育 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
----

こんばんは♪
初めまして!!
最近、カルフォルニア diary←ごめんなさい(笑)を知りまして楽しく拝見させてもらっています。アメリカの日常の事が良くわかり文化の違いなど勉強になります。
高校は単位なんですね(*_*)アメリカの高校生は日本よりも色々な面で進んでいるというイメージです。私も二人娘がいて、まだ1歳と2歳ですが心配事も増えるんだろうなーと思うと不安です…

by: イクエ * 2012/03/13 05:01 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1376-72a5a476
前のページ ホームに戻る  次のページ