東洋人と西洋人の違い
先日youtubeを見ていたら、ある古い番組に出会いました。
楠田絵里子さんが司会を務める情報番組、
昔自分も日本で見ていた番組です。

見つけた番組の内容は、
「東洋人と西洋人の考えかたの違い」について。
懐かしいなぁ、、、と思いながら10分ほどのビデオクリップを見ていると
なるほどと感心させられる事しきり。
ここで言う東洋人とは「韓国・中国・日本」をさし
↓西洋人は「アメリカ・カナダ・イギリス」をさしているそうです。

041812-2.jpg


「アメリカ育ちの日系人=ねねとりり」にこの質問をしたら
いったいどんな答えが返ってくるんだろう?
日本が大好きで武道を長年やってる一徹親父に質問したら
どんな答えが返ってくるんだろう?
ふとそんな疑問がよぎりました。

そこでさっそく実験開始!

まず一つ目の質問
↓サルとパンダとバナナ。二つをいっしょにするならどれとどれ?

041812-9.jpg


一徹の答え:サルとバナナ
私の答え:サルとバナナ
ねねの答え:サルとパンダ
りりの答え:サルとバナナ

二つ目の質問
↓真ん中の人は幸せそうですか?

041812-10.jpg


↓ではこの絵の真ん中の人は幸せそうですか?

041812-5.jpg


一徹の答え:上も下も真ん中の人は幸せそう。
私の答え:下の絵は微妙、、、どちらとも言えない。
ねねの答え:上も下も真ん中の人は幸せそう。
りりの答え:下の絵、真ん中の人はKYだから幸せ。

三つ目の質問
↓ゆっくりと飛んでいた風船が、突然スピードをあげて
飛んで行きました。なぜでしょう?

041812-7.jpg
041812-8.jpg


一徹の答え:風が吹いたから
私の答え:風が吹いたから
ねねの答え:風が吹いたから
りりの答え:風が吹いたから

これらの質問は東洋人と西洋人の答えが大きく異なる問題です。
一つ目の質問で大半の東洋人は「サルとバナナ」
(サルはバナナが好きだから)と答え
西洋人は「サルとパンダ」(どちらも動物だから)と答えるそうです。

2つ目の質問で東洋人は「下の絵はまわりが不幸そうなので、
真ん中の人も幸せではない」と答え
西洋人は「どちらも真ん中の人は幸せそう」と答えるそうです。

3つ目の質問で東洋人は「風が吹いて来たから」と答え
西洋人は「風船から空気が抜けたから」と答えるそうです。

これらの答えの違いは、古代中国の「物は周りと
密接に関連している」という思想を受け継ぐ東洋人と
古代ギリシャの思想からくる「空間と物は独立している」
という思想を受け継ぐ西洋人との
根本的な思想の違いからくるものなのだとか、、、

041812-3.jpg
041812-4.jpg
041812-1.jpg



つまり東洋人は物を見るとき、周りとの関連性を考えるけれど、
西洋人はその対象物しか見ていない、ということらしいです。
なるほどーーーーっ!

そう考えるといままでアメリカ人とつきあって来てぶちあたった
「なんでこうなるの!?」という疑問が解ける気がします。

うちのデータを分析するに、ねねとりりだと
性格的にりりのほうが日本人度が高いようですね、、、(笑)

バイリンガル子育てを実行中のお母さん、
おヒマな時に、子供達の東洋人度をチェック
してみてはいかがですか?

Youtube リンク「世界まる見え!東洋人と西洋人の違い」

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2012/04/19(Thu) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1407-9cdac5a3
前のページ ホームに戻る  次のページ