コーチのマーケティング戦略
以前のブログでも書いたと思いますが、私はコーチのお店で
顧客登録をして以来、割引クーポンが届いたり、
ここ数年はオンラインのアウトレットストア
お知らせが来たりします。

以前は数ヶ月に一度、3日くらい限定でオンラインの
コーチアウトレットがオープンしていたのですが、
このところその頻度がまして、ほぼ毎週のように
オンラインストア・スタート!!のEMAILが届きます。

↓こちらがそのオンラインストアのお知らせメール

090612-2.jpg
090612-1.jpg


最初のうちは、「今のうちにクリスマスギフトを
買っておこうかな〜」とか、真剣に見ていたのですが
こうしょっちゅう届くと、ありがたみが無くなって来ます。

ニュースで聞いたのですが、コーチの売り上げは
アジア諸国では伸びているものの、
アメリカ国内では頭打ちだそうです。
その焦りがこういったアウトレットオンラインにも
あらわれているのでしょうか?

コーチのアウトレットストアはいつも人が一杯なのに、
普通のモールにある(定価で売っている)コーチストアは空いています。
値崩れしすぎて、みんな定価では買わなくなって来てるのかな?
という感じがしますが、いかがでしょう?

今回のオンラインストアでは、使いやすそうなトートバッグが
なんと59.50ドルを発見!!
これは買っとこう〜、と思ってショッピングカートに入れたのに、
「Heritage Tote is not available」というメッセージが出て来ます。
オンラインストアは今日開いたばかりだったのに、変ですねぇ〜?

↓半日くらい待ってから、もう一度サイトを覗いてみると、、、
「Almost Gone」の文字が踊っていました。

090612-5.jpg


↓もう一回ショッピングバッグに入れてみても、
また同じ「Not available(取り扱い不可)」の文字。

む、む、む、、、頭来る〜〜〜っ!!
「Almost gone」ってことは、まだあるってことだろ?

090612-6.jpg


↓ためしに別のハンドバッグをショッピングバッグに入れてみると
ちゃ〜んと入りました。購入可能です。

090612-4.jpg


以前友人が超お買い得のレザーポーチを見つけて
ショッピングバッグに入れた時は、ちゃんと買えたのに
シッピングの明細が届いたときには売り切れになっており
結局買えなかったということもありました。

サイトにはあるのに、商品は無いという、、、
なんかマーケティング調査の匂い、プンプンしますね〜。
どこまで値下げすれば、客の食いつきがいいか、
調べてるだけなのかも、、、と勘ぐってしまう私。

次回のオンラインショップ開設時には、同じトートバッグが
59.50ドルより高い値段で登場するのでは無いかと踏んでるのです。
(59.50ドルでは安すぎたということで、、、)

日本でもアウトレットオンラインショップってあるのでしょうか?
それともアメリカ限定の戦略なのか?
次はどんなマーケティング戦略に出るのか、、、
まだまだ目が離せません。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2012/09/06(Thu) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1529-1488b6ec
前のページ ホームに戻る  次のページ