いい加減にしろよっ!アメリカの医療
今年はちゃんと健康診断をしようと
4月頃からせっせといろんな検査を受け続けた母ちゃん。

子宮がん検診、乳癌検査、血液検査、
尿検査、子宮筋腫が気になっていたので
ついでに超音波も、、、

そもそも毎月保険料を払っているのだから、
定期検診代くらいはカバーされるだろう、と決めつけて
請求が幾ら来るかなんてことはまったく気にしていませんでした。

すると〜〜

忘れた頃にぞくぞくと届く請求書!!

↓最初に届いた請求書に関しては、良く分からないまま
「こんなもんかな?」と支払いをした一徹親父。
その額55.03ドル。
オフィスとしか書いていないので、なんの検査かもわかりません。

091512-5.jpg


↓しばらくして、また請求書が届きました。
念のため前回の請求書と見比べてみると、
一項目の番号99212の55.03ドルが、支払済にもかかわらず

またチャージされております。

091512-41.jpg


↓そしてその直後、またまた届いた請求書
オフィスとかかれた番号99202の79.28ドルと、
番号99212の55.03ドル

またチャージ!?

99202に関しては、前回の請求書より額が増えていますが
どう見ても同じ日の同じ内容に関する請求です。

一徹親父の殴り書きメモによると、PAID(支払済)7/7と
書いてある上に、この請求書にもPAID(支払済)7/24
と書かれているところを見ると、
ダブって請求されている事に気づかず、
また払ってしまった模様、、、(汗)

091512-2.jpg


↓そして1週間前に届いた請求書がこちら。

091512-1.jpg


オフィスと書かれた大雑把な請求が177.87ドル(保険適用後)、
子宮の超音波が177.91ドル(保険適用後)。
保険適用前に関しては、超音波が307.24ドルって〜〜
コレ、あまりに高くないですか???

おまけに307.24ドルも請求されている超音波の結果は
まったく届かず、、、筋腫はあったのか無かったのか、いまだわからず。
彼らにしてみれば「連絡が行かなければ異常なし」という
つもりのようですが、どんだけひどいサービスなんでしょう?

今回の請求書の合計金額は367.51ドル!!

このように、自分自身で請求書をよ〜く見比べなければ
オーバーチャージされるなんてのはしょっちゅう。
アメリカの病院の請求はほんとうにずさんなので
気をつけなければなりません。

ここまでくると、患者が請求書をいちいちチェックしない事を願って
わざと2回、3回と請求しているとしか思えませんなぁ、、、
まるで悪徳業者並みです。

TPPに参加するとアメリカの保険会社が日本に乗り込んで来る、
などというウワサも耳にしますが、
こんな保険を、日本人のだれが買うっていうのでしょうか?

いい加減にして欲しいアメリカの医療保険と病院の請求体制。
定期検診も歯医者も、病気になっても気軽に医者にも行けない
先進国なんて最低です。

ああ〜、考えるだけでハラがたつっ

*********************************************************************

夏休みの過酷な(?)サマーキャンプとトライアウトをパスして、
晴れて陸上部に入れたりり。

毎日練習に励んでいるので、スポーツ用のTシャツと
ショーツを5枚づつ買ってあげました。

091512-6.jpg
091512-3.jpg


これで汗をかいても、毎日の洗濯がえがあるから大丈夫!!
がんばれよ〜〜っ、りり。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2012/09/16(Sun) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1536-f6c66b3f
前のページ ホームに戻る  次のページ