たのむよ〜、アメリカ-part3-
さて昨日の医療費バトルの続きですが…

母ちゃんが病院の請求係に電話してもらちがあかず、
一徹親父にガツンと聞いてもらう事になりました。

電話をすると私が前回話をしたイヤミなKというオバちゃん。
「せっかく請求書のまとめを送っていただいたのですが、
いくら見てもだぶって請求されているとしか思えないです」
と一徹親父。

母ちゃんが電話した時はけんもほろろだったKさん。
ネイティブスピーカーの一徹には親切な態度なのでしょうか?

いえいえ〜!とんでもない。
母ちゃんに言ったのと同じように
「絶対にオーバーチャージはしていません。
日付が同じの医療サービスについては1回しか請求はしてません。」
と繰り返すだけです。

「しかし誰がどう見ても、同じ日付の請求を何回もしてるでしょ?」
イライラしてきて、だんだん声を荒げる一徹親父。

請求書にわかりやすくハイライトで色分けしてみますと〜
↓1回目の請求書に登場している5/08の$55.03

100212-2.jpg


↓2回目の請求書にも5/08 $55.03が登場しています。
4/19の請求額は$56.23

100212-3.jpg


↓3回目の請求書にも5/08の$55.03が再々登場。
4/19の請求は$79.28。金額はちょっと違いますが
この日付もまた登場しています。

100212-4.jpg


これを納得しろという方がどだいムリですよね?

あげくKさんは
もうお客様とはお話ししたく有りません。
月曜日にスーパーバイザーから電話させます。
それよりまだ$412.19についてお支払いいただいていませんので
そちらをよろしくお願いしますね。」とまで。

↓で、これが最後に来た請求書。
いつもなら1回あたり$80〜90のオフィスビジットが
$180も請求されております。なんで倍なんだよ〜!?

100212-5.jpg


「古い請求書が間違っていたかもしれないのに、、、
それが明確にされるまでは払えませんよ」と一徹。
「ちなみにおたくのオフィスはどこなんですか?」と聞くと
「コスタメサ」だと答えます。

電話ではらちがあかないので、スーパーバイザーとの
ミーティングを持たせてもらいます。」と一徹親父が言うと
一瞬電話の向こうで固まるKさん。

「しっ、支払済の金額について返金するかどうかは
スーパーバイザー次第ですから、とにかく
月曜まで待ってください!」とKさん。(←明らかに焦っている)

しかし案の定、月曜日にスーパーバイザーから電話は来ず、、、
一徹親父の報告では、今日こちらから電話をしたそうですが、
スーパーバイザーのほうも「請求額にミスはない」の一点張りで、
らちがあかなかったそうです。

スーパーバイザーからは「その請求書をメールで送ってください。
それからまた話し合いましょう」と言われたとかで
「なんで向こうから送って来た請求書のコピーを
こっちから送らなきゃならないんだよっ!」と
よけいにイラつく一徹と母ちゃん。

ただひたすら平行線で実りの無いこの会話。
一体どこへ行くのでしょう?
結論が出たら、またご報告しマース!

先週のプリウスのタイヤ事件といい、医療費の請求書といい、
簡単なはずの事が一筋縄では行かない、、、
こういうのがアメリカ生活の難しいトコですなぁ。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2012/10/02(Tue) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

こんにちは。
私もアメリカ在住で、少しだけ病院のbillingに触れる機会がある仕事に就いているのですが、このCPTコードが細かく分かれているのが問題だと。99202、99212、99204も大きく見ればすべてoffice visit何ですが、office visitも時間をどれほど使ったかやどんな事を具体的にしたかによって変わってくるもので、こちらとしても納得できないんですが、アメリカの病院ははどれほどお金を取れるかだと思うんですよね。。。病院側としては、違うCPTコードだから、オーバーチャージしていないという言い分なんではないでしょうか。CPTコード、オンラインでチェックできると思います。
by: あいり * 2012/10/02 21:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは。
はじめまして。

医療請求、全米で問題になっていますよね。 私も先日、トラブってしまいました。 おっしゃる通りの倍額請求あり、何の明細なの?アイテムありの、とんでもないズサンな仕事ぶり。 
そして極めつけ、請求書をちゃんとした住所に送ってないのにもかかわらず、一度の送付でコレクション送り。 クレジットスコアで、なんだこれ?って発見して発覚したっていうお粗末さ。 私も保険会社(Co-payなしだったので)に確認すればよかったんですが、まさかここまでされるとブッチ!ですよ。 

BBB通して苦情申し立てしたところ、コレクションから名前消し、しかもなんだか知らないあちらが言う、”まだ支払っていない請求書があるんだよ!”まで帳消しになる始末です。 何だったんだ? です。 仕事している方はわかってないで、いろいろとやるんでしょうけど、自分が同じように請求されたらいやな気持ちになると思いますよ、間違いなく。
 
私の場合はクレジットスコアに関することだったし、少し違いますが、Fried Eggさんの件も聞いていて腹立たしい!です!! 一徹さんでも無理そうだったら、BBBをお勧めします。 

また、この問題って、クレジットスコアがらみで申し訳ないんですが、病院の請求ミスで私みたいなケース多いので、議会でも取り上げられているらしいので、地元議員に意見あげるのもいいと思いますよ。 

相当労力使うし、面倒ですが、頑張ってくださいね!! 
by: M * 2012/10/03 16:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

Fried Eggさん、こんにちは。
アメリカの医療費は何だか複雑で(病院側が
複雑にしてるのか?!)分かりづらいですね。
素朴な疑問なのですが、保険会社から治療の内容についての
明細が来ると思うのですが、それと医者からの請求金額が
違ってるってことですか?
それとも、保険会社からの明細自体が間違ってるということですか?
私もこれからもっと気をつけないと。。。
by: ゴロ * 2012/10/04 08:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

あいりさん
なるほど、、、同じオフィスビジットでも
かかる時間で請求額が違うのですか。
それにCPTコードのことも。
貴重な情報をありがとうございました!
まだ問題は解決していないので調べてみます。

Mさん
アメリカは何をするにもクレジットスコアなので
それに傷をつけられたとあってはご苦労だったでしょう。
お怒りもごもっともです。
しかも一番ムカつくのは、絶対に謝らないところ。
アメリカに住む以上は自分達が賢くなるしかないようですね、、、

ゴロさん
普通はどうか分かりませんが、我が家には病院から請求書が来ます。
そして検査関係の請求書は、検査機関のラボから来たりもします。
それもダブルで請求されてないか、つき合わせて調べなければならず
えらく面倒くさいのです。うちの保険(エトナ)だけでしょうか?
お互い請求書はまめにチェックしましょ〜!
by: Fried Egg * 2012/10/09 17:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1551-2124d317
前のページ ホームに戻る  次のページ