じいちゃんネタ二つ
今日はおじいちゃんがらみのエピソードを2つ。

今週はファイナル(期末)テスト週間のねねとりり。
陸上の練習も短めで、いつもより1〜2時間ほど学校が早く終ります。
2時に学校に迎えに行き、りりを乗せて家の近くを運転し、
赤信号待ちで止まっているときのことです。

突然ドスン!という鈍い音とともに、軽い振動が走りました。

何がおこったかわからなかったので、
後部座席のりりに「もしかして後ろの車、今ぶつかった?」と
聞くと、「うん、ぶつかったねぇ、、、」との答え。

警告灯を付けて、車を出て、後ろの車に話を聞きました。
「いま、ぶつかりましたよね?」と。
すると運転していた白人のおじいちゃん、
「イエース。でもキズは付いてないみたいだよ、、、」と言います。
ぶつかってからすぐにバックしたようで
バンバーとバンパーはすでに離れていました。

たしかにプリウスの後部バンバーカバーには
かすりキズも付いていません。

キズは無いみたいですけど、念のため
免許だけひかえさせてもらえますか?」と
頼み、近くの駐車場へ車を停めました。

手で書き留めるのが面倒だったので、おじいちゃんの
免許証の写真を撮らせてもらうと、おじいちゃんは

「保険会社に連絡するならそう言ってね。
こちらも報告しなきゃいけないから、、、」と不安そうです。
「足を滑らせたらぶつかっちゃったんだ。ソーリー」と
申し訳無さそうです。

自分が悪くてもけして謝らないアメリカ人、といイメージですが、
このおじいちゃんは人が良さそうでした。

「キズもないし、そんな必要は無いですよ。本当に念のため
情報交換しているだけですからご安心を。」と言って
私の名前と免許番号、電話番号も渡しました。

「ホラ、ちょっとぶつけただけでも、よく
首や背中が痛いとかいう人もいるでしょう?」と
まだちょっと不安そうなじいちゃん

「大丈夫ですよ〜。私はそんなことするタイプじゃ
ありませんから」と安心させると、
ソーリー、ソーリー。ブレーキを踏んでた足を
滑らせちゃったんだよ」と繰り返すおじいちゃん。

こんな年をとっても生活の為には自分で運転しなきゃならないアメリカ。
今回は何事もなく済みましたが、なんだか気の毒になってしまいました。

自分は年取ったら運転しなくても生きている場所で生活したい、
と思った母ちゃんでした。

*************************************************************************************

バイト先で、オーナーとおじいちゃんとすっかり仲良しになったねね。
ベーカリーカフェの隣には日系のコンビニもオープンして、
最近ではそちらの仕事を手伝っているそうです。

ここのおじいちゃん、とっても顔が広いらしく
入れ替わり立ち代わりやって来るお客さんは

ほとんど全員がおじいちゃんの友達!!
(もちろん全員が中高年)

「いらっしゃいませ〜!」元気に日本語で接客するねねを見て
みんな「あら〜、日本語が上手ね」と褒めてくれるそうです。
(ねねの場合、見た目と日本語力のギャップが大きいらしい)

で、それを店で聞いていたオーナーとおじいちゃん、

「そおでしょぉ〜?上手いでしょう?」と二人して身を乗り出して
ねねの日本語自慢を始めるそうで、、、
母ちゃんはこの話を聞いて、おかしくなっちゃいました。

それにねねとオーナーの息子さんがいっしょに店頭に立っていると
オーナーが来て、ねねに「日本語、日本語ね〜。よろしくっ」と言って
息子さんに日本語で話しかけてくれるよう頼むとか。

日本語が出来る事で、最近いい出会いや楽しい出来事が起こっているねね。
本人にとっても、母ちゃんにとってもすごく嬉しい出来事でした。

勉強と仕事、両立は大変そうだけど
バイト先のみなさんと良い関係を築けたらいいね。
近いうち母ちゃんも買物がてらご挨拶に伺いま〜す!

*************************************************************************************

ハー坊セクシー3ショット。
お楽しみください。(←親ばか)

012413-3.jpg


012413-2.jpg


012413-1.jpg


↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2013/01/24(Thu) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1652-364fb4b9
前のページ ホームに戻る  次のページ