今度はイースター
10月末のハロウィンに始まり、サンクスギビングから
クリスマスギフトにかけてのホリデーシーズン、
バレンタインへと、やたらとチョコなどの
甘〜いお菓子を配る機会が多いアメリカ。

おつぎのお菓子の出番と言えばイースター(復活祭)であります。
↓スーパーマーケットはイースターをあわらす
パステルカラーのお菓子でいっぱいです。

色もデザインもかわいいので、購買意欲をそそられますが
アメリカのチョコは甘さが半端ではありません
一口食べるとギブアップです。

022813-1.jpg
022813-4.jpg
022813-5.jpg
022813-6.jpg
022813-7.jpg
022813-12.jpg


↓アイスクリームをかたどった綿あめ。
パッケージデザインとしては、いいアイデア。

022813-10.jpg


↓イースターの時期になるとあちらこちらに
大量発生するPeeps(マシュマロ菓子)。
ひよこ型は気になるけれど、あまりに色がすごすぎて
10年間のカリフォルニア生活で
一回も食べた事が有りません。(苦笑)

022813-3.jpg


↓イースターといえばウサギのぬいぐるみ
棚が歯抜けになっているところをみると、
かなり売れているようです。
じじばばが孫にプレゼントしたりします。
日本のぬいぐるみに比べて、10ドル以下のものが主流で
大きさから考えると激安です。
(・・・・ってか、床におっこってるし〜!?)

022813-11.jpg


↓こちらは所変わって書店のBarnes & Nobles
スーパーマーケットよりハイグレードなイースターグッズ
並んでおります。

022813-2.jpg
022813-9.jpg


↓玉子の容器に入ったカラーストーン
Italian alabasterだそうです。6個入りで$29.95 (高っ!)
「エッグハントに最適」って、こんな玉子なら
母ちゃんも探したいです。

022813-8.jpg


アメリカの菓子業界、肥満率の増加にも貢献しつつ
売り上げ増加に邁進しております。
日本の菓子業界も、もっと季節イベントを増やして、
売り上げを伸ばしましょう。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2013/02/28(Thu) | 紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1683-0a6674d6
前のページ ホームに戻る  次のページ