同じコミュニティのオープンハウス
昨日は久しぶりに一徹親父とオープンハウスを見てきました。
場所は私たちが住むコミュニティ内。うちから歩いて1分!

リーマンショック以来、不動産バブルがはじけて
価格が下がり続けたカリフォルニアの不動産ですが
ここ数年価格は底をつき上昇し始めました
不動産屋さんによると、いまはまた売り手市場だそうです。

本気で買おうと思っている訳では有りませんが
家の近所のオープンハウスを見ることによって
自分の家のだいたいの市場価値を知ることも出来ます

今回売りに出ていたのは、1998年築の4ベッドルームの家、
居住面積は1800スクエアフィートです。
うちが1600スクエアフィートですから、200スクエアフィートほど大きい。
ガレージは3台分。(うちは2台)売り出し価格は540000ドル

↓玄関を入るとまっさきにアンティークのゲーム機が3台目に飛び込んできました。
ここのご主人は長いことバツイチ独身だったので、
あまり生活感がないのはそのせいかも?(今は再婚して奥さんと子供あり)
ポートランド(オレゴン州)に家を買ったので、そちらへ引っ越すそうです。

080413-9.jpg


もうすぐ引っ越しする予定なので片付いているのか、
それともオープンハウスのために片付けたのか?
無駄な物がほとんどなくすっきりしています。
片付いたよそのお宅を見ると、我が家の汚さを反省します。

↓リビングの吹き抜け天井。これがあると家が広く見えますね。

080413-4.jpg


↓2階の階段をのぼったところ。

080413-10.jpg


↓書斎に使われていると思われる小さいベッドルーム。

080413-8.jpg


↓2階のゲストバスルーム。

080413-6.jpg


↓もう一つの小さなベッドルームはすでに空になっています。

080413-5.jpg


↓マスターベッドルーム。我が家が仕事兼勉強部屋に使用している
マスターベッドルームの半分くらいの大きさです。

080413-3.jpg


↓マスターバスルーム。カウンターはオリジナルの
白いタイルのまま。リフォームはされていないようでしたが
その割には綺麗に使われています。

080413-28.jpg


↓2階から見た近所の風景。

080413-7.jpg


冷やかしの一徹親父と母ちゃん、、、売りに出ている家よりも
この家から見える自分ちのほうが興味が有り
窓の外から眺めては自分の家の写真ばかり撮りまくる二人。(苦笑)
不動産屋さんのお姉さんも笑っていました。

↓一徹親父自慢のソーラーがよく見えましたが、
プールは意外にも少ししか見えませんでした。
母ちゃんの肉団子セクシーボディが見えてなくてヨカッタ、、、

080413-1.jpg
080413-11.jpg


よそのお宅訪問みたいで実に楽しいオープンハウス。
冷やかしでも嫌な顔されることなく、不動産屋さんと楽しく
おしゃべりできるのもアメリカの良いところです。

大勢の人がこのオープンハウスに訪れていたので
すぐに買い手が見つかることでしょう。
よいご近所さんが来てくれるといいな〜。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2013/08/04(Sun) | 紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1818-e6a7941d
前のページ ホームに戻る  次のページ