すごいぞShock Chlorine!
一徹親父の留守中、ものすごい残暑に見舞われていたオレンジカウンティ。
めずらしくねねが「暑いから泳ごうかな〜」と言い出しました。
「プールしばらく入っていないから、掃除が大変かもよ」
そうねねに言ってしばらくすると、、、

「絶対無理!入れないよ〜」とねねが戻ってきました。

ビニールのプールカバーを持ち上げてみたら、
プールの周りにみっちりと緑のコケが生えているというのです。

実は以前にも一度同じような状態になってパニくったことがあり、
そのときは一徹親父がプール屋さんにアドバイスを受けて
綺麗に掃除したことが有りました。

今回もすぐ日本に居る一徹にメールで状況を伝えました。
「プールフィルターは動いてるみたいだけど、水は緑になっちゃったよ〜」と。
すると「Shock Chlorineってやつをホームデポーで買って来て
放り込んでな、、、」と説明が始まったんで
「プールのメンテは父ちゃんが帰るまで待つ」と返信しました。

↓カバーをめくると、ホラこの通り!
気持ち悪い緑のコケが張り付いております。
果たして本当にこれがきれいになるのでしょうか?

090113-6.jpg


↓プールのメンテには命をかけている一徹親父。
水が緑になったと聞いて居てもたってもいられなかったようで、
日本から帰国するなり、シャワーも浴びず、昼寝もせず、
いきなりプール掃除を始めました。

090113-4.jpg


↓底の方はまだマシなのですが、側面や階段など
プール用の掃除機が届かない場所が特にひどいです。

090113-10.jpg
090113-1.jpg


↓これが今回の掃除に使用した、Shock Chlorineと呼ばれる
プール用の漂白剤。これを大量に投下します。

shock.png


↓Shock Chlorineを投入した後は、せっせとブラシでコケとり
同時にプールフィルターもマメに掃除します。

090113-11.jpg


ガナイトと呼ばれるコンクリート製プールの場合は
表面がザラザラしているので、コケが生えると掃除が大変らしいのですが、
うちの場合はファイバーグラス製のプールなので
表面がツルツルしており、ブラシで軽くこするだけで簡単に取れます。
まるで大きな風呂桶を掃除しているようで、楽しさすら感じます。

↓ルンルンと掃除する母ちゃん

090113-9.jpg


↓プール掃除人、一徹。腰が入ったいい仕事します。
フライトの疲れもまったく感じさせません。ぷぷぷぷっ

090113-7.jpg
090113-8.jpg


↓心配してこの方も庭に出てきました。

090113-5.jpg


待つこと数時間後、、、こ違いを見よっ!!

090113-3.jpg
090113-2.jpg


↓そして24時間後。まだ底まで完全に透明に見える、
というところまでは行きませんが、昨日とは雲泥の差です。

day2-3.jpg
day2-1.jpg
day2-2.jpg


恐るべしパワーのShock Chlorine。

プールやジャグジーが緑になって慌てたときには
思い出してくださいね〜!(フィルターの掃除もお忘れなく)

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2013/09/01(Sun) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1843-a781b7c1
前のページ ホームに戻る  次のページ