トゲちゃん病院に行く
先日トカゲのトゲちゃんが病気になったという記事を書きましたが
フロに入れても、市販薬を塗っても一向に良くならず。
それどころか皮膚の色まで黒ずんで来て、あきらかに悪化しています。
あわてて動物病院に予約を入れる事にしました。

とはいえトカゲなんて犬猫病院ではわからないかもしれません。
インターネットで調べて爬虫類に強そうな病院を3つほどチョイス。
そして一徹親父に電話をしてもらい、一番対応が良く
見積もりが安いところに連れて行く事にしました。

なにせアメリカの病院は人間も動物も当たり外れが大きいのです。
実際に家から一番近い動物病院は評判もサービスも最悪でした。
(ハウイーをアダプトした場所です)

3件電話した一徹親父は、そのうち2件の受付の態度の悪さにブチ切れ。
その中で唯一親切だった病院に決めました。
↓コスタメサにあるALL Creatures Care Cottage Veterinary Hospital
(yelpでは4星)

17780_OHP.jpg


朝9:40に予約を入れ、渋滞をかいくぐってなんとか時間通りに到着。
患者カードを記入してイスに腰掛けました。
トゲちゃんの前には2匹ほどのワンコが順番を待っています。

↓アンティークっぽい看板やポスターが壁中に飾られた古いクリニック。

091113-5.jpg
091113-10.jpg
091113-9.jpg


すぐに呼ばれるだろう、、、そう思って待っていたのですが
待てど〜〜〜、暮らせど〜〜〜、順番は回ってこず
前の2匹は入って行ったまま全然出てきません。
そのうち子犬を2匹抱いた中年男性が入ってきました。

常連さんのようだったので、この病院の評判を聞いてみると
ドクターも親切で気に入ってるとの事。
「私、もう1時間近くも待ってるんだけど」と言うと
普段は予約時間通りに見てくれるのに、と驚いていました。

結局1時間10分ほど待たされて診察室へ。
その中でもまた20分ほど待たされたので、
ドクターの顔を見たのはなんと1時間半後!!
いくらヒマな母ちゃんでも堪忍袋ギリギリのところです。

↓診察室の中にもアンティークっぽい飾りがたくさん。

091113-1.jpg


↓体重計。トゲちゃんはタッパーに入れて体重を測りました。

091113-2.jpg


↓ビックリしてる感じのトゲちゃん。

091113-6.jpg


↓口の周りのキズとあごの腫れが痛々しいです。

091113-3.jpg
091113-4.jpg


ドクターは30才くらいの若い女医さん。とても感じのいい人
トゲちゃんの病状を詳しく説明してくれると同時に、
診察予定を遅れているのにもかかわらず、慌てる風も無く
ゆっくり丁寧に私からの質問にも答えてくれました。
この人なら信頼できるかな?と思わせてくれる先生です。

↓ドクターに診察を受けるトゲちゃん。
綿棒で口をあけ、化膿が口内やアゴにまで広がっていないか調べています。
幸い口の中は綺麗でした。

091113-12.jpg


フトアゴヒゲトカゲの感染症はバクテリアによるものと、
カビによるものとがあるそうで、どちらかを判別するのは難しいそうです。
こういう風に口やあごが化膿するのはよくあることなのだとか。

その大きな理由はカルシウム不足。

フトアゴヒゲトカゲはカルシウム不足に陥りやすい生き物で、
普段から餌にカルシウムパウダーを振りかけて与えるのですが、
それと同時に日光浴も十分にさせないと(1日10分程度)ビタミンDが不足し
せっかく与えたカルシウムがすべて体外にでてしまうそうです。
病気が治るまではカルシウム入りの薬を与え、1日に2回(10分づつ)
直射日光にあてるように言われました。

今日は患部に注射をしてもらい、4日後に病状が改善しているかの
チェックアップに行く事になりました。

↓で、、、恐れていた診察代は?
診察料-49ドル、注射-43ドル、カルシウムシロップー30ドル、便検査-32ドルの

しめて157.74ドルでした。(汗)

ダンナにそれを伝えると「人間だって検便してないのに。
まるで殿様扱いだな」と苦笑い。

091113-7.jpg


検便はう○こをしたときにこれに入れて、なるべく早く持って来てね〜と、
プラスチックの容器を渡されました。
くぅぅぅ〜、、、ホントに世話のかかるトゲちゃん。

ちなみに今回の診察では背中にも傷が見つかり、
それはライトに近づきすぎて出来たやけどであることが判明。
フトアゴヒゲトカゲは皮膚に熱さを全く感じないため
全身火傷しても本人は気づかないそうです。
温度管理も最重要課題で、適温を保つため温度計を
上下2個設置しなさいと言われました。

帰りがけにはフトアゴヒゲトカゲの世話に関する分厚い資料を渡され
生き物を飼う難しさを噛み締めながら帰って来たのでした。
トゲちゃんは放っておいても元気でいてくれる
と思っていた私たちが甘かったです。

余談ですが、私が治療費を払っているとき、バケツに入った金魚を
大事そうにかかえて診察室に入って行くおじいちゃんの姿が
すごく微笑ましかったです。(笑)

↓家に帰ってプールサイドで日光浴をするトゲちゃん。
(もちろんネコなどに襲われないよう、母ちゃんは見張り役)

091113-11.jpg


トゲちゃんの病状がどうなったかは来週また報告しま〜す!

ALL Creatures Care Cottage Veterinary Hospital
1912 Harbor Blvd., Costa Mesa, CA 92627
(949) 642-7151
Hours:Mon-Fri 7 am - 6 pm, Sat 8 am - 5 pm

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2013/09/11(Wed) | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1852-f7ae16f7
前のページ ホームに戻る  次のページ