Holiday half marathon at Fairplex in 2013
今日は一徹親父にとって2013年の最後の試練でもある
ハーフマラソンが行なわれました。
少林寺拳法の拳士であるLちゃんとMさんに背中を押され
マラソンを走り始めてはや2年以上。

これまで5K→10Kと徐々にチャレンジして来たのですが
今回はいままでで最大の難関であるハーフマラソンです!!
練習不足のため、前夜まで不安そうだった一徹親父でしたが
今朝明け方3:00頃元気に出発。(母ちゃんはまた寝てましたけど)

マラソンは8:00開始なのに、なんでこんなに早く出て行くかというと
道路を封鎖する前に到着したいらしい、、、
寝不足で走るってのも良くないと思うのだが?

↓ここが今回のスタート地点、ポモナにあるフェアプレックス

121513-9.jpg


↓目の前には山が広がっております。
405沿いにある我が家に比べるとかなり内陸部になります。

121513-1.jpg


↓おお〜、集まってる集まってる。日本でもマラソンがブームと聞きますが
こちらでもマラソン人口の多さに驚かされます。
走れる人ってたくさんいるんですねぇ。

121513-8.jpg


↓準備体操をする出場者たち。

121513-4.jpg


↓クリスマスとあってサンタ帽をかぶった人や、トナカイのつのをつけた人、
赤い服の人が目立ちます。

121513-6.jpg


↓おじさん、、、どこでもそのポーズ。恥ずかしいからやめましょう。

121513-3.jpg


↓リアルランナーのLちゃん。余裕の笑顔。

121513-12.jpg


↓左からLちゃん、一徹親父、少林寺の拳士でもある
Mさんの教え子二人、そしてMさん。

121513-2.jpg


↓8:00 amスタート!この辺はまだ写真を撮ってる余裕が
あったようなんですが、、、

121513-10.jpg
121513-11.jpg
121513-13.jpg


↓私が「生きてる〜?」とテキストメッセージすると
「なんとか、、、」という返事とともに、
この写真が返ってきました。(苦笑)
もはや本人疲れてモウロウとしている様子

121513-5.jpg


この写真を最後に一徹親父からの連絡は途絶え
はたして完走出来たのだろうか?と思っていた頃、
Lちゃんから電話がかかってきました。

「先生が脱水で熱中症にかかったらしくて、頭が痛いというので
いま救護班のテントに居ます」って〜(驚)

あとで聞いたところによると、一徹はマラソン中に
いくつもあった給水場には寄らず、
全然水分を補給しないまま23マイルも走ったので熱中症になり、
血圧が極端に低下していたらしいです。救護班の人も焦ってったって。
完走したときはもう歩けないくらい具合が悪かったらしい、、、

今回はLちゃんの機転で救護班のテントに連れて行ってくれたから良かったけど
本人はそのまま車で休むつもりだったみたいで、危ないところでした。

本日のLAは午前中から強い日差しが照りつけていて、半袖で過ごせるほどでした。
そんな中ビギナーのランナーが水分も取らずに走ったのだから
いま考えれば危険だったなぁ〜とヒヤヒヤ。
これからマラソンを走られる方はくれぐれもお気をつけ下さいまし。

↓そして救護班でしっかり手当てしていただき、復活した一徹親父。
にこやかにビクトリー記念撮影。ちなみに記録は2時間50分でした〜!

121513-7.jpg


ハーフマラソンを甘く考えていた一徹親父。そのハードルの高さを実感したようで
「10Kまでなら楽しく走れるんだけどなぁ」と首を傾げているので
「楽しく走る事が大事なんだから、来年は10Kくらいにしとけば?」と
釘を刺しておきました。
チャレンジもいいけど、まだまだポックリ行かれたら困るからね〜!
母ちゃんは、とりあえず「めざせ5Kウォーク&ラン
(半分走って半分歩く、みたいな?)ですかね。

本日参加したみなさん、お疲れさまでした〜!!

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2013/12/15(Sun) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1934-5269db99
前のページ ホームに戻る  次のページ