アメリカの眼鏡は高いのだ。
ねねのコンタクトレンズが無くなりそうだったので
追加で注文しようとシアーズの眼鏡店に電話すると
処方箋が切れてますから注文できません。
まずは検眼しに来てください。」と言われました。
1年に1回はしないといけないらしい、、、

まったく同じコンタクトで良いのに注文できないなんて
なんて不便なのでしょう、、、
しぶしぶ検眼の予約を入れ、このまえの土曜日にねねと
シアーズへ行って来ました。

ねねはもう18歳で大人扱いなので、書類にサインなどは
すべて本人がするため、母ちゃんはついて行かなくてもいいのですが
クレジットカードを持っていないので、支払いのために同行しました。

アメリカでメガネを作るのに一番嫌なのは、
費用と時間がかかる事!!
朝10:30の予約だったのに、検眼医が現れたのは10:45。
いつもノロノロと処理されるため、店に入ってから出るまで
かるく2時間はかかります。

すでに15分の遅刻、、、

アメリカ人にとって休日の15分はどうってことないのかもしれないけど
時間だけには厳しい母ちゃん、イラっとします。

↓今とおなじ度数の眼鏡をかけて検眼、
ちょっと度数を上げてまた検眼。日本の方法と同じですね。

012114-5.jpg
012114-3.jpg


結局ねねの視力はほぼ変化無しという事で、いままでと同じ
度数のコンタクトを注文し、ついでに新しいメガネも作りました。
「あなたたちの保険を使えば、メガネは50%オフです」と店員のおじさん。
もとがバカ高いんだからそれでも高いんだよ〜。

なにせ日本にいくたび5000円以下でメガネを作っている母ちゃん。
しかも待ち時間は1時間以内!
甘やかされているので、アメリカの眼鏡なんて
ちゃんちゃらおかしくて買えなくなってしまいました。

いろいろなフレームの眼鏡を試着して迷うねねに
「日本に行ったらまた作ればいいんだから」
安めなフレームをすすめる母ちゃん。
結局ねねは99ドルのフレームを選びまして、

VISIONの保険適用後で、検眼が36ドル
1年分の使い捨てソフトコンタクトが364.92ドル
眼鏡(レンズ込み価格)169.99ドル

しめて570.91ドルでした〜。

わかっちゃいたけど、たっ高い、、、(汗)
歯にしても、目にしても、医療関連にはお金のかかる国なのです。

ちなみにアラレちゃんみたいな大きい黒のフレームを選ぼうとしたねねに
「そんなのやめときなよ、グランマしかかけないよ」と
店員のおじさんに言われて、ねねはめちゃくちゃ怒ってましたっけ。

ファッションに敏感なティーンの地雷を踏んじゃったおじさんでした。
ぷぷぷっ。

******************************************************************************

↓3週間にもわたって抗生物質を飲ませたのに、
いまだに唇とあごの感染症が治らないトゲちゃん。
食欲はあるし脱皮も始まりまったので、もうちょっと様子を見ます。

012114-2.jpg


↓日焼けあとのように、見事に全身皮がむけました。

012114-4.jpg


******************************************************************************

↓フワフワのハウイーを抱っこすると癒される!
ねねや母ちゃんに抱きつかれて迷惑そうなハウイー。

012114-111.jpg


↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2014/01/21(Tue) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/1967-f90b6a2c
前のページ ホームに戻る  次のページ