ここがヘンだよ、アメリカの銀行員。
アメリカに住んでいると、時々職業意識の違いに驚かされる事が有ります。

一番最初に驚いたのは航空会社の客室乗務員(フライトアテンダント)。

日本のフライトアテンダントは、競争率の高い試験や
訓練を突破したエリートいうイメージ
きちんとした身なりをして、背筋をしゃんと伸ばし
テキパキとしていながらも柔和で親切。なんたって美人が多い。
おばちゃんですら見とれてしまうし、もし男だったら、
思わず「結婚してください!」と言いたくなっちゃうかも、、、(笑)

それに比べてアメリカ人のフライトアテンダントは
態度がデカくて不親切。若い人はあまりおらず、年取ったおばちゃんが多い。
以前、時間外にコーヒーを頼んだら、ぶつぶつ文句言いながら
カップを放り投げるようにしておいて行かれた事が有りましたっけ。

米系航空会社のエコノミー格安航空券利用者のくせに
文句言うなと言われてしまえばそれまでですが、、、

出張の多い一徹親父も、米系航空会社を良く利用するんですが、
肩からコーヒーかけられてシャツを着替えた事もあったとか。
でもそのフライトアテンダントは謝りもせず、
「カスタマーサービスに言ったらクリーニング代でますから」って、
それだけ。アメリカでは労働組合が強いせいか??

そしておととい、銀行でも驚く事がありました。

最近は以前に比べるとすっかり円安になったので、この機会に
日本で使うお小遣いをドルから円へ換金するため、
ニュージーランドに本社を置くカレンシーオンラインという
為替両替専門会社に入金しようと思いつき、
バンクオブアメリカへ行きました。

050914-1.jpg


送り先はバンクオブニュージーランド。
「海外送金(ワイヤートランスファー)」
という作業になります。

まずは最初に受け付けてくれたベトナム人女性行員。
宛先の銀行の口座番号も、住所も、スイフトコードも、必要事項は
すべて渡したにもかかわらず、15分ほどパソコンと格闘したあげく
「どうしてもこの口座が見つかりません。間違いではないですか?」
と言うのです。
万が一、、、ということもあるので、家に一度戻って確認する事にしました。

結局渡した口座情報は正しかったので、
次の日またバンクオブアメリカ(通称バンカメ)へ。

「あの女性行員は送金方法を知らないみたいなので、別な人にお願いします」
と伝えると、今度はベトナム人の若い男性行員が出て来ました。

なんともベトナムなまりの強い英語で聞き取りづらい、、、
向こうもジャパニーズイングリッシュには慣れてないだろうし
ノンネイティブ同士の会話はきつい物が有ります。

そのお兄さんに口座情報を渡し「ここに海外送金していただきたいだけです」
と伝え、しばらく待っていました。

すると、、、「最近規則が変わって、海外送金するときは
その国の通貨に換金しないとならないので
NZドルに換えてもよろしいですか?」って。

最終的には円に換金する予定なので、2回も換金するなんてごめんです。
「いや、良くないですよ。USドルのまま送りたいんです」と伝えましたが
銀行員は「2カ月まえにシステムが変わって、それが出来なんですよ。
どうしてもというなら、安全に届く保証は出来ません」と言います。

このにーちゃんの態度にもムカついた母ちゃん。
「それはバンクオブアメリカだけの規則ですか?
それともアメリカ政府の新規則ですか?
国の規則が変わったなら諦めますけど、バンカメ独自の規則なら
他行へ行けばUSドルのまま送れるはずですよね?」

そう言った母ちゃんに対してますますムカついたのか

兄ちゃんも「それならどうぞ、他行へお行きください」って!

さすがの母ちゃんもだんだん声がデカくなって
「だ、か、ら〜、それはバンカメのルールか、
米国のルールかって聞いてるんですよっ」と繰り返すと、、、
兄ちゃんは小さな声で「I don't know…Maybe, It is just our system...」
(モゴモゴモゴ。。。)と、、、(驚)

金融のプロのくせに、海外送金のそのヘンテコなルールが
自分の会社独自の決まりなのか、国の法律なのかわかないなんて、、、
レベル低すぎ。

さて怒り心頭の母ちゃん。このあと無事に送金できたのでしょうか?
この話にはまだまだ続きが有り、長くなったのでまた明日〜

**********************************************************************************

↓おまけ画像はハンティントンビーチ高校のご近所の写真。
古いお宅が多いけど、新興住宅には無い雰囲気のある家が多いですね。

050914-2.jpg
050914-3.jpg
050914-5.jpg
050914-6.jpg
050914-7.jpg


↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2014/05/09(Fri) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

Fried eggさん、いつもブログ拝見しています。アメリカは銀行だけではなく会社でも店でもプロ意識がない人が多すぎますね。カスタマーサービスでも人によって全く違う対応ですので、ストレスたまりますが、日本のお客さま対応はきっと世界でも稀にみるほどすばらしいですね、日本で育った私たちはそんな対応に慣れてしまっているので余計にこのアメリカの従業員のプロ意識のなさには腹のたつことが多いですが、もう今では、諦めています・・・・が、私も従業員の態度によっては黙っていません。言うときは言う、もしくはマネージャーに直接話します。ま、そのマネージャーも大した人がいないときもありますが。年をとって、この国で生涯過ごさなくてはいけないのか?と思うと不安とやりきれなささえ感じるこのごろですが、Fried eggさんも負けないでくださいね。
by: xiao long bao * 2014/05/09 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
--続きが楽しみ♪--

こちら日本では
振り込め詐欺などの事件が多くなったためか
振込や送金、新しい通帳を作る時なども
しつこいくらいに身分証など提示が求められ
代理として行く時などできない場合もあったりします

そういう意味では昔ほど簡単ではなくなって
面倒になってきました
が、そういう場合でも
申し訳なさそうに丁寧に受け答えしてくれる窓口の人には
文句を言う訳にもいかず
出直すしかないのですが…

どんな時でも誠意を持った対応が欲しいですよね(^^ゞ
by: Green * 2014/05/10 15:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2060-be6d54bd
前のページ ホームに戻る  次のページ