姉と妹の関係
昨日の出来事。
ねねが女友達とOCフェアに行く事になりました。
するとりりが「いいなぁ〜」というので
「ねねに頼んで連れてってもらえば?」と言うと
「ダメだよぉ。サードウィールになっちゃう。」と言います。
スラングを知らない母ちゃんに
「サードウィールってのはね、3人で居るときに1人あぶれちゃうってこと。」
と説明してくれました。
「ああ、日本語だとおジャマ虫とか、コブってことね。(笑)」

ねねがOCフェアに出かけてからしばらくすると
「ねねに頼んだら、ゲームで金魚取って来てくれるかなぁ?
と言い出しました。
ゲームより買った方が安いけど、、、と思いながらも
「頼んでみたら?」と答えたら、さっそくりりが
ねねにテキストメッセージを送りました。

すると「イヤだよ。どうせすぐ死んじゃうし、
第一りりは世話しないじゃん」との返事。
言い得てますが現実的すぎ。りりは頭から湯気をだして怒っています。
やれやれ〜、どうしてこうも姉妹喧嘩が絶えないのでしょう。

私が子供の頃は、姉の事が大好きでいつも追いかけ回していました。
集団登校の時、自分の姉が私の同級生と手をつないで登校しようもんなら
焼きもちを焼いて怒ったくらい。
遊びに行く時はどこへでもくっついて行ったので
「たまには妹抜きで一人で遊びにいかせて」と姉が母に頼んだ事も、、、
姉の温和な性格のお陰で、物心ついてから
喧嘩と言う物をした記憶がまったく無く、
ねねとりりがいつも喧嘩してるのが不思議で仕方ないのです。

そんなことを考えていると、ねねからまたテキストメッセージが来ました。
「いまからゲームで金魚取りにいく。りりには言わないでね」って。
やっぱりお姉ちゃんだね。優しいじゃん!」
そう返すと「けっ!」と戻って来ました。
まったく素直じゃないなぁ〜。ぷぷぷっ

そういえばりりと二人で日本に行ってた時、ポケモンセンターで
「ねねにお土産買いたいんだけど、どれがいいかなぁ?」と相談したら
レクーザというポケモンのストラップを選んで、
「ねね、これ大好きだよ。絶対喜ぶから。」と選んでくれました。

そしてりりに言われた通りレクーザをお土産として渡すと
「うわ〜、うれしい!どこに付けようかな〜。勿体ないなぁ〜」って大喜び。
なんだかんだ言ったって、りりは
ねねの好みを良く知っている
のですねー。

結局思春期の姉妹の仲違いなんて、どうってことはないのかも。
心の底ではお互いの事ちゃんとわかってて、思いやってるんですから。
母ちゃんの取り越し苦労なのかもしれません。

↓これがねねがゲットしてきた金魚。
「うわ〜っ、取って来てくれたんだ。ありがとう!」と
大喜びのりり。

071314-3.jpg


いつもこれだけ仲良しだと嬉しいんだけど〜(笑)

****************************************************************************************************

凝り始めると飽きるまで続けてしまう
典型的なB型気質の母ちゃん。
最近のマイブームはカフェ風の1プレートディナー
先日アキホームで買った四角いお皿を使って実験中です。

娘達も「最近可愛いご飯が多いね」と気づいた様子。おっほっほ
しかし今ひとつ華やかさとか、立体感にかけており
センスの良い盛りつけの難しさを痛感します。

↓1日目。ミートボール、ラザニア、サラダ、白菜の浅漬け。

071114-1.jpg


↓2日目。鮭イクラ丼、枝豆、サラダ。

071214-66.jpg


↓3日目。チキンドリア、野菜スティック。

071314-2.jpg


結構楽しいので、こんどは丸い大皿も買ってこようかな〜。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2014/07/13(Sun) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
--ワンプレート・レシピ--

こんにちは!こんなごはん出してもらえたら、食卓も華やかになりますね!早速豪華に見えるおウチカフェというサイト見つけたので、デコの参考にしてみてください!
http://matome.naver.jp/odai/2134845244503263001

by: megumi * 2014/07/14 20:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2110-f1307945
前のページ ホームに戻る  次のページ