KEURIGに物申す!〜その2〜
今日は少林寺拳法OC支部の大昇級試験でした。
大の文字を加えたのは、なんと!子供クラスの90%もの子が
テストを受けたからです。

道場に4つの試験ブースを設け、一つのデスクに審査員が2人づつ。
母ちゃんは5級から4級になる子供たちの試験監を担当しました。
いや〜、7歳〜12歳まで、9人もいたので大変!
子供の試験というのはホント難しいです。

完璧に技が出来る子なんてほとんどいないし、
かといって辛く点数をつけすぎてやる気をそぐのも困る。
同じ級だと言っても、7歳の子と12歳の子では理解力も体力も違うから
同一の基準では点数はつけられない。
アシスタントのI君の協力もあり、なんとか点数をつけました。
まずはホっ、、、

さて、今日は昨日のつづきでKeurigマシンの問題点考察

新しい2.0という機種を発売したところまでは良かったのですが
さらに母ちゃんが知らなかった問題点があることが発覚しました!

↓従来売られていた旧デザインのK-カップコーヒー
すべて使えないというのです!!

左が以前販売されていたK-cupカートリッジ。
右が現在販売されているK-cupカートリッジ。
左は全面にデザインが施されているけれど、右は周りに白い輪があり
Keurig Brewedという文字がぐるりと一周しています。

020515-2.jpg


↓この白い輪っかが2.0マシンのセンサーに反応して
動くようになっており、左のような旧デザインのカップを入れると

Oops!という警告とともに、Keurigのロゴ入りの
認定カップを選びなおすように促されます。

でも左のも公式なKeurig K-cup、、、
デザインが新機種に未対応なだけでしょ〜!?
なに、この高飛車な態度!!

020515-1.jpg


K-cupを安い時に大量買いする人なんてたくさんいるから
古いカップをたくさん持っている人は、
新しい2.0マシンを使えないことになりますよねぇ?
さすがにこのメーカーの戦略に腹を立てた
消費者からの苦情が殺到したそうです。

そして消費者はなんとか古いデザインのK-cupを使い切ろうと
ハッキングするアイデアをyoutubeにアップしまくってるではありませんか。



↓使用済み新デザインのK-cupのリッドの部分だけを剥がし、
真ん中をくりぬいて、古いK-cupの上にあてて使うというアイデア。

020515-4.jpg


↓ネットで見つけたこの人も、切り取ったリッドを
旧デザインのK-cupにのせ輪ゴムで止めてから使用しております。
こうするとセンサーにあたる部分だけ、新デザインになるので
機械が騙されて作動するのだそうです。

020515-5.jpg


↓マイコーヒーをKuerigで飲みたい時に使用する
カートリッジにもほ〜ら!!
使い古しのリッドを貼り付けると、普通に使えるそうですよ。

020515-3.jpg


ぶぶぶぶ〜っ!必要は発明の母
金儲けしようと思ったメーカー VS 旧K-cupを使い切りたい消費者、
軍配は明らかです。
メーカー側にはもっとユーザー目線に立った
商品開発
をして欲しいものですよね。

ちなみに今日、Kuerigの発売元であるグリーンマウンテンコーヒーの株は
が〜んと下がっておりました。あったりまえだよーん!!

私も当分新しいマシンは買いませ〜ん!!

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2015/02/05(Thu) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2288-19e94801
前のページ ホームに戻る  次のページ