Kaiser Permanenteで肘の痛みをチェック
去年の秋からエトナのPPOという健康保険から
カイザーのHMOに変更した我が家。
定期検診等の報告は以前ブログでも紹介しました。
(カイザーに関する過去記事はこちら)

今回、ちょっと母ちゃんの左肘に支障が起きたので、
かかりつけの女医さん、Dr. Pを訪ねることにしました。

ここ1カ月以上前から少林寺の練習の時する
熊手(指をクマの手のひらのように丸めて突く)という
突きをするときに、左肘に痛みを感じ始め
一徹親父に「熊手ができない体になっちゃったよぉ〜」と
笑い話にしていたのです。

ところが熊手どころか、だんだんと痛みはひどくなり
最近ではケチャップのボトルを持ち上げるのも痛い!
(ただしアメリカのケチャップは巨大です)
買い物しても左手に袋は下げられないし、
ドアノブの回すのも痛い、、、
私からバカぢからを取ったら、何も取り柄がなくなっちまいます。

左肘のせいで、普通の生活に支障をきたしはじめたので
とりあえずお医者さんにその理由と、対処法を聞こうと思い
アポをとったのでした。
何せ肘は冷やせば良いのか、温めれば良いのか、
マッサージして良いのか悪いのか、皆目見当もつかないんです。

↓やってきたカイザーのハンティントンビーチオフィス。
ただいま外壁を改装中。

022515-2.jpg


フロントでチェックインをすませ、CO PAYを20ドル支払って
待合室へ、、、わずか5分で名前を呼ばれました。
あいかわらず素晴らしいサービス!

看護婦さんが体重、血圧を測った後、簡単な問診。
今回のアポの理由などをパソコンに入力していきます。

↓最初のアポの時の診察室。

022515-6.jpg
022515-5.jpg


また5分ほど待つとすぐにDr. Kが現れました。
若いインド人の女医さん。元気で優しい先生です。

最近肘が痛んで、重いものが持てないことなど説明すると
「ここ痛い?ここは??」左肘を触りながら
痛みの根源を探ります。「そこそこ!その辺」
私が言うと「肘じゃなくて筋肉ねぇ」って。
確かに肘の骨は全然痛くない。肘、肘って言ってたけど
痛むのは左腕、肘の外側の筋肉だったんですね、、、

「tendinitisね〜(腱鞘炎)」と言われました。
まだテニスも始めてないのに?と思ったのですが、
パソコン(キーボード)を一日中使っているので、そのせいみたいです。
なっさけない、、、とほほ。

それにしても一番使ってる右肘は大丈夫なのに、
なんで左肘なんだろう??

一回目のアポでは、腕をヒートパッドで温めること、
あとストレッチ法も教わり、肘サポーターをもらい、
それらをしばらく試してからまた来てくださいと言われました。

↓Dr. Pにもらった肘用のサポーター
キーボードを使うときにつけるといいそうです。
テニス肘用ってかいてある〜。

022515-4.jpg
022515-3.jpg


↓本日は2回目のアポ。ぶっちゃけ腕の痛みは良くなっていませんが
このままだましだましいくしかないと諦めモードの母ちゃん。
「使うのをやめない限り、完全に良くはならないから、
せめて温めてストレッチして、
筋肉をリラックスさせるしかないわね」とDr. P。
フィジカルセラピーに行ってみますか?と聞かれたけど
自分でストレッチするからいいですと答えました。

腱鞘炎なんて習慣病のようなものなので、1〜2回
フィジカルセラピーに通ったところで良くなるとは思えません。
「オレらも年とってきたんだから仕方ないよ」と囁く親父の顔が目に浮かぶ〜!
そういうダンナも、最近は手首が痛いとか、膝が痛いとか〜ブツブツ言ってます。

022515-1.jpg
022515-7.jpg


今回もとっても親切丁寧&迅速なカイザーとDr. Pでした。
なんでも相談できる良いドクターができてよかった〜!
いまの保険に不満な方、ぜひ一度カイザーを試してみてね。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2015/02/25(Wed) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2307-fca6afe7
前のページ ホームに戻る  次のページ