Cal State Universityの願書受付!
早いものでりりも今年は高校の最終学年
大学への進路を決める時期がやってきました。
末っ子だからか、ねねに比べて子供っぽいりり。
来年から大学生になるなんてイメージがわかないんだけど〜

10/1からCal State大学の願書受付が開始しました。
以前このブログでも紹介しましたが、カリフォルニアには
大きく分けて2つの大学システムがあります。

The California State University

101415-2.png


101415-1.jpg


University of California

101415-4.jpg


101415-3.jpg


一つはCSU(The California State University)と呼ばれる23の大学、
そしてもう一つはUC(University of California)と呼ばれる10の大学。
一般的にはUCのほうが学術的だと言われていてレベルも学費も高め。
CSUのほうは実技重視、学費も抑えめのみんなの大学といった感じです。

どの学部を選べば良いかわからなかったりりですが
願書には締め切りがあるので、わずか17歳で
将来の方向を決めなければなりません。
このところ何週間も一徹親父と膝を突き合わせて
話し合い、専攻を選んでいました。

学部には大きく分けて2種類あります。
BA (Bachelor of Arts) :日本でいう文系、
BS (Bachelor of Science):日本でいう理系

グラフィックデザイン(BA)を選びたいというりりと
絶対にBS(理系)の学位でないとだめだ!と言い切る一徹親父。
好きな学部を選んでも、卒業後定職も得られず不安定な生活を過ごすのなら
高い学費と長い時間かけて大学へ通う意味がないというんです。

確かに母ちゃんの周りにも、四年生の大学を卒業しても
正社員の仕事に就けず、アルバイトをして小遣いを稼ぎ、
実家からでられない若者をたくさん見ています。
あげく、どうしても仕事がないから、、、ともう一度別の学位を取るため
大学に戻る人までいました。
学部を選ぶことは、将来にもつながる大事な作業なんですね。

「なんで好きな学部を選んじゃいけないのよ!
パパの人生じゃないじゃん!
ティーンのりりが怒るのも無理はない、、、無理はないけど〜
「食っていけなきゃ意味がない!」というのも現実。
母ちゃんだって、人生を最初からやり直せるなら絶対に
グラフィックデザインは選ばないなぁ〜(タメイキ)
競争が激しすぎて、仕事を得るのが大変だもん。

りりは一徹親父との話し合いの中で、なんとか中間地点の
折り合える学部を見つけたようでした。

それはゲーム開発を教えてくれる学部(Game Development)と、
工業デザイン学部(Industrial Design)
この二つの学科なら、クリエイティブでありながら
BS(理系)の学部なので、りりも納得したようでした。

しかし、りりが一番やりたいというGame Development学部
があるのはChicoという、家からずいぶん遠い大学。
りりが一人でそんなに遠くに行って寮生活なんでできるのかなぁ、、、
だったら2年間近所のコミュニティカレッジ(短大)に通ってから
そのあと4年生に編入したほうがいいのかなぁ、、、
その頃には20歳になってるしな〜、なんてことまで頭をよぎりました。

心配は尽きないのですが、これも成長の1過程だから仕方ないですな。
せめて一徹親父がりりの相談に乗れてよかった、、、
母ちゃんにはアメリカの大学制度はわかりませんからね。

家からそんなに遠くなくて、りりの希望の学部がある
大学に決まりますよーに!!
こうなったら神頼み〜(笑)

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2015/10/14(Wed) | 教育 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2490-e0e760a2
前のページ ホームに戻る  次のページ