日光東照宮観光
おとといはママ友Wさんに会いに日光へ行ってきました。
Wさんが住んでいるのは仙台、我々は東京ということで
真ん中の日光で落ちあうことになったのです。

Wさんは仙台から新幹線で、我々は東武線で日光へ
新幹線を使わないと運賃も安い、、、

112615-12.jpg


↓到着した東武日光駅
JR日光までは徒歩3分。
この日の宿泊先である日光ステーションホテルで待ち合わせをしました。

なんと!日光在住のロサンゼルス日本人学校Nアカデミー時代の
Mさんご夫婦が観光案内してくれることに、、、

112615-1.jpg


↓途中お蕎麦のランチを食べ、まっすぐ東照宮へ
お天気が良ければ20分〜30分ほどぶらぶら
駅から歩く人も多いそうです。
中学校の修学旅行以来だ〜!!

112615-3.jpg


↓あいにく小雨がぱらついていて、この広い境内の地図を見た瞬間
「中には入らなくていいよね?」って、一徹親父。
拝観料も高いと思ったらしい。

一瞬「そーかな?」と納得しかけた母ちゃんでしたが、
「おい、ちょっと待て!3時間もかけてきたのに
入り口だけ見てどーすんねん!?」と我に帰り
「やっぱり入る」と言って拝観権を買いました。

112615-9.jpg


↓拝観料1300円なり。

112615-5.jpg


↓「見なくていいか?」などと言ってたくせに、
めっちゃノリノリの3人。おきまりのポーズで(笑)

実は「見ざる言わざる聞かざるのお猿」は、
お猿の一生を表現した絵のほんの一部なのだそうです。
いままで知らなかった、、、

112615-7.jpg


↓後ろにあるのは猿と眠り猫にならび有名だという
狩野探幽が想像で描いたという象の彫刻。
(そのころ日本には象はいなかったらしい)
想像の割には良く描けています。

112615-11.jpg


↓竹(のようなもの)で組んだ輪をくぐる一徹。
これで火があればライオンショーのよう、、、

112615-10.jpg


↓サインがなければ見逃してしまいそうな地味さの眠り猫。

112615-4.jpg


↓途中、叶杉というのを見つけ、ほこらに向かって
願い事を唱える二人。

112615-2.jpg


↓叫びっぷりも立派なWちゃん。これなら願いも叶いそう。

112615-6.jpg


↓家族の健康を願った後、「ついでに株のほうも、、、」モゴモゴモゴ。
よこしまな願いが多すぎて神のお怒りに触れるか?

112615-8.jpg


こうして楽しく参拝を済ませ、神聖な気持ちで
夜の飲み会へと進んだのでありました。
煩悩だらけでごめんなさい、、、ぷぷぷっ

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2015/11/27(Fri) | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
--一徹さんのライオンショー♪--

一徹さんがくぐった輪は笹の輪といって
良い縁祭りの一環で期間限定のものだったみたいです♪
左回り右回りと八の字を描くようにくぐった後に
お参りに向かうというのが正しいやり方のようです

地元にいながら何もわからず
ちゃんと案内できなかったのが情けなかったです

今度はちゃんと勉強して完ぺきに案内できればと思いますが
2回目はないのかなぁ・・・(笑)
by: Green * 2015/11/27 03:54 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2523-95b432c7
前のページ ホームに戻る  次のページ