運命の分かれ道
月が変わり2016年も2月に入り、
いよいよりりの大学選びもたけなわです。

去年の秋にまいておいた種(大学の願書提出)が
着々と芽を出し始めています。
「選択肢は多いほどいいから」と多くのCSU系大学
(カリフォルニア州立大学)に願書を提出したりり。

一校づつ一徹親父と一緒に、どの学科が一番良いか
付き合わせ、時間をかけて選んでいたのを
母ちゃんはただ見守ってきました。

そして現在ほぼ3校に絞られつつあります。
フラトン校は工学&コンピューター学部(詳しい学科はまだ未定)
チコ校はゲームディベロップメント学科

りりはもともと、母ちゃんのように美術系へ行きたい
と言っていたのですが、グラフィックデザインは競争が激しいし
平均月収も低めなので、もっと技術的な方面へ行ったほうがいいよ
とアドバイスしていたのです。
そして興味を持ったのがゲームディベロップメントでした。

アート面もプログラミングも、両方教えてくれるチコ校が
とても魅力的に見えていたのですが、よくよくカリキュラムを見てみると
ほとんどが3Dソフトなど、アート色の強い授業ばかり
プログラミングは4年生に1教科ほど出てくるのみです。

「う〜ん、、、プログラミングが弱いなぁ。ソフトウェア
エンジニアリング中心の学科のほうが仕事があると思うぞ
と一徹親父と母ちゃんがアドバイスするも、
りりの心はほぼチコ校に決まっているようで、
フラトン校の工学部のカリキュラムを見ようともしません。

そこで一徹親父がある提案をしました。
大手ゲーム会社に勤める友達がいるので、どんな人材が
採用されているのか聞いてみよう、、、
と。
もしゲームディベロップメント学科の生徒が活躍している実績があるなら
反対はしないつもりです。
この提案にりりも納得しました。

そして今日、一徹親父がゲーム業界の友達にコンタクトしたところ
実に厳しい答えが返ってきたのです
その大手ゲーム会社ではプログラミングできる人材しか
正社員採用はしていないそうなのです。
3Dアーティストに関しては、何十年も経験のある人たちを
プロジェクトベースで雇うのみ。正社員ではありません。
経験のない人は論外です。

チコ校のゲームディベロップメント学科はアート面ばかりを教えていて
プログラムは書けないので、履歴書すら受け付けていないそう。
運が良くてもカスタマーセンターのオペレーター
になるのがせいぜいで
時給は$15程度だそうです。
つまり大学生活4年間が全く無駄になる可能性が高い、、、(汗)

それに引き換え、ソフトウェアエンジニアという肩書きがあり、
自分で作ったデモゲームなどを持ち込めば、かなりの確率で
門戸は開かれるそうです。

家に帰ってきて、世の中の厳しい現実をありのままに説明する一徹親父。
りりはとても真剣に一徹の話を聞いており、意外にも
真摯に受け止め、学校を選ぶ覚悟をしたようです。

がっ!ここにきてもう一つ問題が!!

今日、ロングビーチ校のインダストリアルデザイン学科から
合格通知が届いたのであります!!
これは今まで話し合ってきた「目指せゲーム業界」とはまったく違う方向
アート方面へ行きたいと言っていた、
りりの当初の希望からはかなり近い、、、近いけど、、、
学校選び、また振り出しに戻る!?

ロングビーチ校のインダストリアルデザイン学科のカリキュラムを
チェックすると、レンダリングやCAD、様々な材料でモックアップを作る
学生の写真などが出てきました。
日本の美術大学の工業デザイン科で見るのとほぼ同じ風景です。

プログラミングと工業デザイン、二つのまったく違った業種。
この学部選びがまさにりりの将来を左右することになります。

一徹親父と母ちゃんのアドバイスはあまりも現実的すぎて
「子供の夢を壊している!」と怒られてしまうかもしれませんが
自立して生きていける職につけるよう導くのが親の務めですからね〜

2016年・17歳の冬、、、さてりりの運命やいかに!?(続く)

************************************************************************************

悩めるりりには悪いけど、昨日は一徹親父と
BJ'sにてディナー。ぷぷぷっ

↓Sriracha Queso Dips。

020116-1.jpg


↓フラットブレッドピザ

020116-2.jpg


↓BLTサラダ

020116-3.jpg


↓NEW Dry Rub Wings、Lemon Pepper Sesame。

020116-4.jpg


あとは冷えた生ビールで最高〜!
大変結構でした。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif



2016/02/01(Mon) | 教育 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2576-86f4e600
前のページ ホームに戻る  次のページ