Salvage Carにご用心!
現在仮免中のりり。今年の9月からは大学生になるので
そろそろ本気で運転になれてもらわねばなりません。
大学生になって母ちゃんが送り迎えするわけにもいきませんからね〜

それにはりり専用のオンボロ自動車を買って、
心置きなく慣れてもらった方が良かろう、と考えた母ちゃん。
少し本格的に中古車を探し始めました。

最初の予算は5000ドル程度。
しかしこれだと走行距離が10万マイル越えの古い車ばかりです。

走行距離が少なめの中古車を購入し、
大学在学中4年間くらいは安全に乗れる方がいいかも?
と考え直し、もう少し予算をあげて再検索開始。
探す場所はもっぱら日系コミュニティサイトのびびなびです。
帰国セールしている日本人のSale by Owner車を狙います。

するとりりにぴったりの車を見つけましたよ!

走行距離が8万マイル以下のホンダの小型車。
(まだ販売中なので、名前は伏せます)
価格は中古車売買のバイブルとされている、
Kelley Blue Bookバリューよりかなり安くてお買い得です。
すぐに売主に連絡して、今日の夜見にいく約束を取り付けました。
売主は日本人の若い女性。

基本的に中古車が大嫌いな一徹親父。
「過去がわからない中古車を買ってあとで修理費がかかるより
少しお金を足しても新車で買った方が安心」というのが口癖です。
しかし今回は初心者マークの娘が運転するということで
中古車購入に同意しました。

中古車購入を考えるとき必ず一徹親父がすることがあります。
それはVIN (Vehicle Identification number)のチェック!
有料サービスサイトにこの番号を入れると、
その車の歴史がすべてわかります

「今回はびびなびで見つけた日本人オーナーから買う車だから
安心だけどね〜」そう思っていた母ちゃん。
VINナンバーを一徹親父に渡してしばらくすると
「This is bad!!」という一徹親父の声、、、

なんとっ!その車はSalvage Titleの車だったんです。

Salvage Titleとは、廃車になった車のこと。

※a salvage title is a form of vehicle title branding,
which notes that the vehicle has been damaged
and/or deemed a total loss by an insurance company
that paid a claim on it. (wikiより引用)

※サルベージタイトルとは廃物になった車の事をさしていて、
修復して復活させた車両を公示する為にタイトルには
サルベージと記されている。
サルベージとは盗難や事故で車の価値以上の修復費がかかる場合に
保険会社が全損扱いで廃車にした車であり、それを下請け会社
なりが又乗れるようにしてDMVで再登録した車の事だ。
盗難や自然災害(水没など)でサルベージになる場合もあるが、
大半は事故が原因。古い車の場合、小さな事故でもサルベージに
されるが(車両価値がすでに低いケースが多い)、
新しめの車にサルベージタイトルが付いていたら過去に
大事故をした可能性が高い。
(http://ameblo.jp/accelmotors/entry-10987807604.htmlより引用)

サルベージカーはブルーブック価格の半分に値引きしても
売れない
こともあり、乗りつぶすつもりで買う覚悟が必要とのこと。
げげげのげっ、、、(滝汗)

↓こちらが一徹親父が調査に利用したサイト
「InstaVIN」のレポート。トータル10ページの詳細なレポートでした。

020516-1.png


2011年に廃車にされ、2012年に復元されていることが
はっきりと記されています。

020516-2.png


すぐに売主に電話をしてこのことを伝えると
驚きを隠せない様子でした。
わずか3カ月前に、日本人女性オーナーから買ったばかり
だそうでひょっとすると彼女も、その前の女性も、
騙されて買った可能性が高い?

念のため、と行った車のバックグラウンドチェックが
こんな形の結末になるとは、もうびっくりですよ。
1度でも廃車になった車は、たとえ半額でもいりません。
早く気がついてホントに良かった〜

皆さんも中古車を購入する際は、かならず
VINナンバーを使った車の履歴チェックをお忘れなく

***************************************************************************

ソーラーパネル大好きの家電好き芸人一徹親父。
追加で注文した3枚のパネルが到着して大フィーバー。

パネルは重いので、トラックから家まで運んでもらうと
「100数十ドル追加料金がかかりますが」と電話で言われた一徹親父。
そんなに高いなら自分で運ぶ!とトラックの下で待機していたら〜

020516-15.jpg


↓なんのことはない、、、リフトでスイスイと下ろして
パレットのまま台車でガレージまで運んでくれましたよ。

020516-14.jpg
020516-13.jpg


明日は取り付けの業者さんがくるそうです。
しばらく機能性ていなかったソーラーパネル。
いよいよ自家発電の再開なるか?

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/02/05(Fri) | 事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2579-a0578a0f
前のページ ホームに戻る  次のページ