うちのバイリンガールの頭の中
先週、日本人の友達Jさんとタイ料理を食べに行ったときのこと。
(過去記事はこちら)
Jさんの二人の娘さんも来てくれたのですが、
そのとき、はた、、、と気づいたことがあります。

娘さんのMちゃんとRちゃん、お母さんや私と話すときは
流暢な日本語なんですが、姉妹の会話になると英語なんです。
発音はもちろん超ネイティブ。
「あれ?お二人の会話は英語なのね?」
びっくりして質問する私。
「二人の会話のときは英語だよね」とお二人。

ほぉぉぉぉ〜っ、実に興味深い。だって
自分の記憶の限りでは、ねねとりりが英語で会話しているのを
聞いたことがない!!

我が家の場合、姉妹どうし&母子どうしの会話は日本語、
そこへ一徹親父が加わると英語に変わります。

米国育ちで親が日本人の姉妹や兄弟の場合
兄弟同士の会話は英語と日本語、どっちが一般的なんだろう?
俄然興味が湧いてきました。

さっそくねねにも聞いてみました。
「ねぇねぇ、、、ねねとりりって、ママがいないとき
英語と日本語、どっちで喋ってるの?」と。

「なに変なこと聞くの。日本語に決まってるじゃん
日本人なんだから
「え〜!アメリカ人なのかと思ってた」って言ったら
「失礼だなあ!」と怒られました。(苦笑)

もしねねがりりに英語で話しかけたりしたら
なにカッコつけちゃってるのさ!」って言われるのが
関の山だそうです。
英語がしゃべれる=かっこいい、と思ってる時点で
確かに日本人だなぁ。ぶぶぶっ

ねねに母ちゃんの疑問を打ち明けると
姉妹の会話の場合、日本語と英語、どちらが一般的なのか
ねねも疑問に思った様子。
それじゃあご両親が日本人のTちゃん(高校時代の友達)に聞いてみよう、
ということになり、さっそくテキストメッセージで問い合わせると
「兄弟どうしの会話は英語だよ」という返事が来ました。
やっぱりそうなんだーーー。

ねねと母ちゃん、二人で分析した結果、、、

*ねねが6歳、りりが3歳まで日本で暮らし、そのあと米国へ引っ越し。
*幼稚園から小学校5年生までトーランスの全日制日本人学校Nアカデミーへ通学。
*5年生の後半から現地校へ転校。

という経歴のねねとりりにとって、第一言語は日本語であり、
日本語でしゃべるほうが楽なのだろう、という結論に達しました。

「『ねねちゃんって夢はどっちで見るの?』ってよく聞かれるんだけど
両方で見るんだよね。日本の夢だと日本語だし、
アメリカでの夢なら英語だし」だそうです。実に興味深い。
頭の中に日本語と英語の引き出しが二つあって
上手に出し入れしているというところか。

子供の語学を司る脳は幼少期に形成されるといいますが
ねねとりりがいい例なのかも、、、
ちなみにうちの場合、国籍は二重国籍ながら、
ず〜っと日本語9割、英語1割といった環境で育てていたので
5年生の1学期に現地校に移った時、二人ともほとんど
英語がしゃべれず、補習を受けさせられたほど。
(英語力を心配して中学までは私学に入れていました)

ちなみにねねはミドルスクールを卒業する頃に
英語力は平均に追いついていましたが
りりのほうは長い間苦戦してましたね。
英語環境へ慣れるスピードも個人差があるようです。

しかし現地校に移ってからは英語9割、日本語1割
の生活に変化したため、現在の漢字や語彙には限りがあります。
ここから先は自己努力で日本語力を強化していかないと
仕事などに使うのことは難しいのでしょうね。

日本語を母国語として育てたいか、英語を母国語として育てたいか
いま小さなお子さんをお持ちのご両親の
参考にしていただけたら幸いです。

******************************************************************************

おとといは「私は日本人だ」と豪語するねねといっしょに
日本人シェフの経営するジャパニーズイタリアンの店
CEPPOのディナータイムに初挑戦。

↓ランチに来た時とは若干メニューが変わっています。
まずはappetizerから、Kobe Beef Tartar。

021616-8.jpg


↓そしてねねはウニパスタ、母ちゃんはペスカトーレを注文。

021616-1.jpg


↓こちらがビーフタルタル
見た目とっても綺麗なんですが、冷製の前菜だったため
霜降り神戸ビーフの脂身が白く固まっており
なんともまずい、、、
霜降り牛は暖かく食べるのがベストだな。残念!

021616-6.jpg


↓ペスカトーレは他のお店よりトマトが少なくとても上品な味。
これはこれで美味しかったけど、自分としては
ハンティントンビーチのマンジャマンジャや
フェウンテンバレーのモナリザのペスカのほうが好き。

021616-7.jpg


↓ねねのウニパスタは具がウニしか入ってなかったからか、
「さみしいなぁ」とつぶやいてました。
カフェヒロのウニパスタはほうれん草が入ってるよね。

021616-3.jpg


↓ねねのデザートはティラミス
甘さ控えめでとろ〜りととろける絶品!

021616-2.jpg


↓母ちゃんはパンナコッタを〜。
ねねがランチの時食べてておいしそうだったんだよね。
こちらも最高に美味しい!

021616-4.jpg


個人的には、CEPPOはお料理はまあまあ、
デザートが絶品という印象でした。
デザートだけテイクアウトできたら嬉しいなぁ、、、

**************************************************************************

↓うちのバレイタインボーイ
「ママのバレンタインになって〜」ってチューチューしてたら
りりに呆れられました。ぷぷぷっ

021416-11.jpg


↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/02/16(Tue) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2587-59fe8f27
前のページ ホームに戻る  次のページ