ああ無情・デンタル地獄
このまえインプラントについてブログに書いたところ
何人かの友達が「ここが安かったよ〜」とか、
「ここが良かったよ〜」とか、わざわざ連絡をくれました。
持つべきものは友達。誠にありがたいです、、、

インプラントいうのはヘタな歯医者さんにかかると
失敗もあるらしく、実際やった人がオススメしてくれる
歯医者さんは魅力的です。
そのうえ価格がお手頃となれば、心も揺れますよね。

最初に家の近所の歯医者さんにかかることにした母ちゃんは
別のインプラントスペシャリストなる歯医者に回され
レントゲンを撮るところまでは行きましたが
そこから先、しばらく話が止まっていました。

というのも、「相見積もりを取りたいからレントゲンをください」
と受付嬢にリクエストしたら「料金はまだ最終ではないし、
ドクターに相談してみないと〜」とお茶を濁され、
結局その後、たくさん撮ったレントゲンのうち1枚だけが
emailで送られてきたのです。ん〜なんだかなぁ。

そして、とにかく一度コンサルテーションにきてくれと言われ
予約を取り、今日がその日でした。

Dr. Hのオフィスに着くと、1カ月に1日だけ出張でやってくるという
韓国人医師のDr. Pがいました。
母ちゃんの歯のレントゲンをみていたDr. Pは開口一番、
「う〜ん、やはりサイナスリフトの手術が必要ですね。
僕とDr. Hとできちんと治療できるので、心配は無用ですよ。
ただちょっとコストが余計にかかってしまうだけです。」と言います。
「何回にも分けて処置するところもあるんですが、ここなら
1度にすべて終わらせるので痛い思いも1度ですんで楽ですよ、、、」とも。

「それって単に何回も来るのが面倒だから
一度に全部やっちまえ!!
」ってことじゃね〜の???(←心の声)
胡散臭さいっぱい。この時点で、どんな見積もりが出てこようとも
絶対にセカンドオピニオンをもらおうと決心した母ちゃん。
あと、Dr. Pの評判もじっくりチェックしなきゃね。

「あとのことは受付のEさんが話しますので」と
そそくさと退散するDr. P。
5分ほどして受付嬢Eさんが新たな見積書を手に入ってきました。
「サイナスリフトが必要なので、ちょっと上がっちゃったんだけど、
保険が1000ドルほど適用されるので、自費の分は$3000よ」と。

021716-1.jpg


最悪4000ドルと思っていたので、自腹3000ドルと聞いても
さほど驚かなかったのですが、とりあえずその場は
「ひとまず主人に相談してみます」と言って立ち去りました。

帰りの車の中で1本の歯に3000ドル、、、と考えたら
メラメラと怒りが湧いてきました。
これは母ちゃんがシコシコとフリーランスのデザインをして
稼いだお金の2カ月分ほどがぶっ飛ぶ計算。(収入は月により変動しますが)
つまり2カ月間タダ働きってことか!?

1本の歯=2カ月分の労働

おいっ、おかしいだろ〜っ!どう考えても

友達がやった歯医者さんでは
2000ドルくらいでできたそうなので、
とりあえずコンサルテーションだけでも
もう1カ所行ってみることにします。

それでも大して変わらないようならハラをくくって
3000ドルで手を打ちましょう。くぅぅぅ〜っ(涙)

父ちゃんはバカ高いアメリカの大学費のために働き、
母ちゃんはバカ高い歯科治療のために働く。
アメリカ生活、見た目ほど楽じゃないです。

**************************************************************************************

先日友達のKさんから、お庭でとれたカブ
Rainbow Chard(レインボー・チャード:日本名はフダンソウ)
をいただきました。

カブは浅漬けに〜

021716-3.jpg


↓ほうれん草に似てるということだったので、
レインボー・チャードは醤油バター炒めに。
初めて食べたけど、すごく美味しい!

021716-4.jpg


↓残ったカブの葉っぱはお味噌汁いいれていただきました。

021716-2.jpg


新鮮野菜だったのでどれも美味しくいただきました。
Kさん、ごちそうさま〜!

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/02/17(Wed) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2016/02/17 22:27 * [ 編集] | page top↑
----

鍵コメさん
貴重な情報をありがとうございました。
とても参考になりました。
鍵コメさのおっしゃったCTやボーングラフトの話が出て
安心できたのでDr. Lのほうに決定しました。
by: Fried Egg * 2016/03/08 21:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2588-b3d183d4
前のページ ホームに戻る  次のページ