BONSAI展
先日りりと行ったハンティントンライブラリー。
サイエンス展以外に盆栽展も見てきました
アニメ、エモジなどアメリカでも広まっている日本語ですが
ボンサイもその一つだったんですね。

030516-8.jpg


↓盆栽展の会場では3人の盆栽マスター(?)による
セミナー中でした。
盆栽をやっているところ、初めて見ましたが
針金のようなものをぐるぐると巻きつけています。

盆栽のことは全くわからないけど、こうやって手間暇かけて
描いた美しい形に仕上げていくのでしょうかね。
そういえば、うちの母も晩年は盆栽にハマってたよね。
あの盆栽たちはどうなったんだろ?今頃ジャングル?

030516-11.jpg


↓りりが盆栽に興味を示したのは意外でした。
花を植えるのも、家庭菜園にも全く興味を示さなかったのに
「盆栽展みようよ」って、、、不思議。
案外真剣に見ていました。

030516-10.jpg
030516-2.jpg


松はやっぱり盆栽の王道だわ〜。
盆栽の枝の形によってそれぞれ名前がついていて、これは
「模様木」というデザインらしいです。
wikiの説明を読んだら「観る者に安定感を与える」という説明。
なるほど納得!2色に絡んだ枝も綺麗です。
他に苔を加えたり、寄せ植えしたりしてる作品もありました。

030516-16.jpg


030516-5.jpg


↓こんなに小さくて可愛い花なら、デスクの傍に置いても
癒されそう、、、

030516-1.jpg


↓作品展の他に、盆栽グッズが多数販売されていました。
盆栽もハマると奥が深そうですね。

030516-9.jpg
030516-4.jpg


↓盆栽の苗(?)ここから理想の形にしていくのは
途方もない時間がかかる作業。
普通の花でも枯らしてしまう母ちゃんには絶対無理だな。

030516-6.jpg
030516-3.jpg
030516-12.jpg


↓ちなみに写真一番左の大きな松。
何かの間違いと思いきや、なんとっ!$8500!!

030516-13.jpg


030516-14.jpg


↓子供の頃から庭のツツジに慣れ親しんできた母ちゃん。
ちっちゃなツツジを見つけて、真剣に買おうか迷いました。
お値段$35とお手ごろ価格だったんだけど、
なにせ植物を死なせる名人なので、我慢しました。
ちゃんと育てられるなら、欲しかったなぁ〜

030516-15.jpg


展示会をあとにして外に出ると、これまた
実家の庭に咲いていたのと同じ色の木蓮。懐かしい!
りりは「この花、なんていうの?」と聞いてきました。
アメリカじゃあんまり見ないもんね。

030516-7.jpg


花や木を愛でる余裕、最近無かったですね。
たまにはこういうのも悪くないな。

***************************************************************************

初めて走ったハンティントンパーク周辺には
豪邸がたくさんありました。
高級住宅街だったんですね。
オレンジカウンティのゲットー、ウェストミンスターとは大違い。
これぞアメリカ!といった感じの大きな家でした。

030516-20.jpg
030516-21.jpg
030516-23.jpg
030516-24.jpg


↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/03/05(Sat) | 紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2600-0d368bf3
前のページ ホームに戻る  次のページ