インプラント&ブリッジ見積もり比較
さて昨日の奥歯の治療の続きです・・・

Dr. HとDr. Lからインプラントとブリッジ、
両方の見積もりが出揃いました〜!
本当はもう一件取ろうと思ったんですが
これ以上治療を先延ばしにできないと思い
昨日、Dr. Lのもとで治療を始めた次第です。

Dr. Hのブジッリの見積もり
見方がよくわかりませんが、おそらく一番右のPatというのが
患者が自腹で払う分だと思われます。
合計金額$3345、保険適用分が$1314、
患者の自己負担分が$2031

TreatmentPlan-2DrH-2.jpg


Dr. Lのブリッジの見積もり
合計金額$2452、保険適用分が$1214、自己負担分は$1238
CODE番号が同じ項目を比較すると、わかりやすく
どちらがどのくらい安いか比較できます。

drL-1.jpg


Dr. Hのインプラントの見積もり
合計金額$4865、保険適用分が$1292、自己負担分が$3573
ただしDr. Lによると抜けている治療があるということでした。

TreatmentPlan-drH-1.jpg


Dr. Lのインプラントの見積もり
合計金額$5178、保険適用分が$1214、自己負担分が$3964
BONE GRAFTが追加になっている分Dr. Hより高めです。

CCF03012016-2DRL-2.jpg


金額だけを比べるとブリッジはDr. Lが、
インプラントはDr. Hが安かったということになりますが
二人のドクターからコンサルテーションを受け
信頼感は雲泥の差だったので、最終的には価格ではなく
安心して任せられると思ったドクターのほうを選んだのでした。

そしてDr. Lのオフィスで抜歯したあと・・・
今後の治療はインプラントとブリッジどちらにしますか?
ブリッジはクラウンが3つくっついた状態なので
フロスしづらく虫歯になりやすいという難点がありますが、
早く治療が終わります。インプラントはFried Eggさんの場合、
BONE GRAFTから始めないといけないので
1年以上かかるという難点があります。どちらも一長一短です。」
と説明を受けました。

困った母ちゃん、Dr. Lにこんな質問をしました。

「これがご自分の歯だったらブリッジと
インプラントどちらを選びますか?」
と。

「ボクはこんなひどい歯してないよ〜」と言いたいところでしょうが
そこはナイスなDr. L、、、
ちょっと考えて「ボクだったらブリッジにするかなぁ」って。

あれこれ悩んでインプラントをする覚悟だった母ちゃんですが
この一言でブリッジを選ぶことに決めたのでした。
とりあえず、懐にも優しいしね〜
もし将来このブリッジがダメになったら、その時はまた考えます。

ようやく決まった治療方針。
レントゲンには他にもいくつか虫歯が写っていたようなので
徐々に治療していきます。
あとは前進あるのみ!!

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/03/08(Tue) | 紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2603-39ab8128
前のページ ホームに戻る  次のページ