民泊サイトAirbnb
以前ママ友Jさんと話していたときのこと。
Jさんの娘さんが友達とAirbnbでまるまる一件を貸し切って
リーズナブルで素晴らしい海外バケーションを体験した、、、
という話をしてくれました。

そのときはAirbnbが何かも知らなかった母ちゃん。
さっそくAirbnbで検索してみると、いろんなことがわかりましたよ。

Airbnb (エアビーアンドビー)とは、
宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。
世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。
2008年8月に設立され、 サンフランシスコに本社を置き、
非公開会社Airbnb, Inc. により所有、運営されている。(wikiより)

個人の家や部屋、アパートを短期で貸し出すビジネス。
日本語では民泊と言うらしいです

Airbnbのリンクはこちら。→Airbnb

040216-9.jpg


いや〜、こんな制度があるなんてまったく知りませんでした。
俄然興味が湧いてきていろんな場所の家を検索してみました。
まず一番興味があるのは東京!都心のホテルは高いですからね。
新宿や渋谷に格安で泊まれれば、東京ステイも楽しくなります。

↓東京近郊のリスティング検索。
出てくる出てくる!低価格の民泊もたくさんあります。

040216-5.jpg


↓そのうちの一つを詳しく見てみました。
東京港区、1泊25712円という比較的お高めな物件。

040216-7.jpg


↓しかし写真をみるとなるほど納得。
広々としたモダンで清潔な部屋。
アメニティも充実しているようです。
キッチンも洗濯機もあって、ホテルに泊まるより快適そう、、、

040216-8.jpg
040216-3.jpg
040216-6.jpg
040216-1.jpg
040216-2.jpg


日本には旅館業法というものがあり、現在の法律では
民泊は法律に抵触するらしいです。
最近では街によって国家戦略特区法とうものも制定されてきたようですが
届け出を出しているホストは少なく、大半が違法性の強いビジネス。

現状は近年の外国人旅行者の増加にともない
ホテルや旅館も足りなくなっていて、政府も民泊に頼らざるをえず
見て見ぬ振りをしている部分もあるのでしょう。

持ち家を貸すならまだしも、賃貸物件を又貸ししてる事例も多く
それは完全にアウトですよね。
(大半の賃貸契約書には又貸しはダメと書いてあるはずです)

それでも需要が多いのですごい勢いで増え続けている民泊。
去年ねねが日本に行ったとき、京都や奈良にエコノミーの宿を
取るのに、どこも満室で苦労した覚えがあります。
早くAirbnbの存在を知っていれば、苦労しなかったわけですな。

オンラインでの予約が命のAirbnbの急増により、
インテリアコーディネートから撮影のうけおい、清掃、
ひいてはリスティングから24時間の緊急対応サービスまで
すべて丸投げでホスト業(物件を貸す側)を代行してくれる
業者さんまで現れ、一大産業になりつつあります。

大分前に一徹親父と行ったサンタバーバラにも〜
じじばばと行ったインドにも〜
民泊はどこにでもあったんですね。

↓興味本位で自分らの住んでいる街を調べてみたら、
おとなりハンティントンビーチ市にもほら!

040216-4.jpg


便利な時代になったもんです。
あとは借りるにせよ貸すにせよ、早く法律が整って
合法になってくれれば良いな〜と思います。
近い将来、一度は利用してみたいAirbnbでした!

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/04/02(Sat) | 紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2624-5b70d6fc
前のページ ホームに戻る  次のページ