一徹親父の家庭菜園2016
数ヶ月前、大きなプランターに野菜の種を蒔いた一徹親父。
そのあと毎晩マメに水を蒔いていました
一徹親父が出張の時は母ちゃんが水やり担当。

あ〜あ、面倒臭い。ホントに育つんかい」
正直そう思っていたんですが、、、
今朝、何げにプランターをチェックしてみると驚きの結果が!

↓我が家の裏庭はすべてコンクリートなので、
地面で野菜を育てるすべはなく、こんな感じのプランターを使用。

052816-10.jpg


↓母ちゃんが裏庭にでると、この方ももれなく付いてきます。(笑)

052816-6.jpg


↓おお〜っ、立派なキュウリがっ!!

052816-2.jpg
052816-11.jpg
052816-14.jpg


我が家はみんなキュウリが大好き。マルカイで日本のキュウリを買うたび
高いなぁ〜、もっと食べたいのに。そう思っていた母ちゃん。
これを見た時はじめて一徹親父の家庭菜園に感謝

「ねぇねぇ〜、もう食べられるよ。収穫しようよ」
待ちきれない母ちゃん。
「イヤ、もっと大きくなるだろ?」そういう一徹親父。

問題は、一徹親父が植えたのがどんな種類のキュウリかという点です。
日本のキュウリなら皮も薄く、サイズもさほど大きくないけど
アメリカのキュウリなら皮が厚くて巨大です。
最終サイズがわからないから、収穫していいのか悪いのかの
判断もつかない、、、

↓今回一徹が植えていたのはBurpless Cusumberというやつ。
調べてみると10インチ(25センチ)くらいになるらしい。
比較的苦みがなく、皮も薄めだと書いてあります。
ただ大きくなりすぎると苦みがでるそうです。

052816-12.jpg


「それなら1本切って食べてみたらいいんじゃない?」と一徹。
いいアイデアです。
さっそく大きすぎず、小さすぎず、中位のものをとって
切って食べてみました。

↓日本のキュウリほどのシャキシャキ感はありませんが、
そこそこに歯ごたえも良く皮も薄くて美味しいです!
「美味しい!もう食べれるよっ」興奮する母ちゃん。

052816-5.jpg


↓ということで、大きくなりすぎる前に収穫してみました。
一番右のはすでにちょっと皮が硬そうです。
このキュウリは早めの収穫がポイントなのかも、、、

052816-8.jpg


↓例年一徹親父が植えてくれて、サラダに重宝しているプチトマト
今年も豊作〜。

052816-9.jpg
052816-7.jpg


↓今年は普通のサイズのトマトも植えてくれました。
トマトって欲しい時に切れてたりするから助かります。
完熟トマトが食べられるかな?嬉しいなぁ、、、

052816-1.jpg

052816-13.jpg


↓こちらはピーマンとハラペーニョ
ピーマンはドライカレーやチンジャオロースーに欠かせません。
どちらもりりの好物です。

052816-4.jpg
052816-3.jpg
052816-15.jpg


「プランターでの野菜の育て方をすっかり把握したぞ!」と
年々パワーアップする一徹親父の家庭菜園
あなた育てる人、私食べる人、でまた来年もお願いします。ぷぷぷっ

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/05/28(Sat) | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--きゅうり?!--

立派な菜園ですね(*^_^*)

最初、きゅうりってわかりませんでした
かぼちゃ?!って思っちゃいました(^^ゞ
這うように育てても
ちゃんときゅうりがなるんですね♪
by: Sugar * 2016/05/29 01:39 * URL [ 編集] | page top↑
----

Sugarさん
きゅうり、毎日できるので食べきれないほどです。
一生懸命浅漬けにして、毎日食べております。
こんなに簡単にプランターでできるなら、
高いきゅうり買うことも無いですね。
早く気づけばよかった!地べたにはっても元気に育ってますよ〜。
by: Fried Egg * 2016/06/10 23:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2665-cec33107
前のページ ホームに戻る  次のページ