Tanaka farms 2016 その2
きのうに引き続き、今日はじじばばのタナカファーム
ストロベリーツアー体験記

↓トラクターが引っ張るカートに乗って、 
ストロベリーツアーがスタート!!
インディアンマフィア二人と亀仙人の3人を連れている
不思議なアジア中年おばさん、それは私です。(笑)

061216-9.jpg
061216-2.jpg


↓畑を通過する途中で野菜や果物の説明をしてくれるツアコンのお兄さん。

061216-12.jpg


↓最初の野菜テイスティングはネギ。
ネギ大好き人間なので、思い切りかぶりついたら結構キョーレツでした。

061216-17.jpg


↓お次はニンジン。甘くて美味しくて完食。

061216-10.jpg


↓レタスは苦くて、一口食べてギブアップ。

061216-6.jpg


↓コーンは生なのに甘くて、最高に美味しかったです。
子供達はいくつもお代わりしていました。

061216-1.jpg


面白かったのは隣に座っていたママさん。
3人のティーンを連れていたのですが、
エコバッグ持参で、みんなが残した野菜を
片っ端からもらい、最後には袋が満タンに、、、

「今日のディナーができましたね。」って言ったら
「そーなの!これが楽しみでこのツアーに来てるのよ」って。
しっかり者だなぁ〜。うふふ。

↓ツアーの最後に到着するのがいちご畑。
「さあ、ここからここまでの畑でイチゴ狩りしてね〜」と言われ
ツアー客は透明の容器をもって散っていきます。

061216-5.jpg


↓やっぱり果物狩り大好き!義母もこの笑顔

061216-7.jpg


↓亀仙人こと義父も真剣そのもの
年寄りにはちょっとキツイ体勢だったかな?

061216-8.jpg


↓二人とも猫夢中状態

061216-14.jpg
061216-15.jpg
061216-18.jpg


↓じーちゃんってばコンテナが閉まらなくなるまで詰めちゃて
よく見たら上の方のイチゴが潰れてるし〜。ぷぷぷっ

いっしょに乗ってた女の子は詰め方が少なくて、ママに
「あら!まだ入るじゃないの!!」と怒られてました。

061216-13.jpg


↓どこへ行ってもすぐジモティに話しかける一徹親父。
ここでもファーマーさんと仲良しになりました。
彼はタナカファームで何十年も働いて、タナカファミリーが
とてもいい人たちなので働きやすいと褒めていました。

061216-16.jpg


↓かえりにはファームストアに寄って新鮮な野菜と果物を購入。
メロンは試食販売していて、とっても甘かったです。

061216-4.jpg


・・・と一見順調に見えたストリベリーツアーだったのですが、
実は今回のイチゴ狩り、かなり不満な部分がありました。

というのも、連れていかれた畑になっていたイチゴが
えらく小さく、しかもヘンな形をしていて
全然美味しくなかったのです!

↓どれもこんな感じの丸く潰れた形をしており、
しかも先端の真ん中に種が集まっている感じで、
そこはあまりに硬くてまずいので、歯で食いちぎって
すててから食べていました。

普通のきれいな形のイチゴはほとんどなっておらず、、、
いったいどうなっているんでしょう?
タナカファームでのイチゴ狩りは今回が母ちゃんにとっては
3回目のでしたが、こんなことは初めてです。

061216-11.jpg
061216-3.jpg


↓ちなみにこれが2012年に少林寺の仲間と行った時に採ったイチゴ。
こんなに大粒で美味しいイチゴが採れていたんですね〜

今回のイチゴとは雲泥の差

063012-7.jpg


お店ではとても売り物にならないような変形したイチゴばかり
週末のツアーではなく、平日だったからか???
せっかくじじばばを連れて行ったのに、かなりがっかりしました

あまりにも美味しくないので、とってきたイチゴは人気がなく
食べきれないので悪くなる前にジャムに、、、

タナカファームのストロベリーツアーは6月末まで。
もしいかれるのであれば、大粒イチゴを採らせてもらえる日時を
あらかじめ確認
してから出かけることをお勧めします。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/06/12(Sun) | 紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2677-2a837351
前のページ ホームに戻る  次のページ