これって歴史的瞬間なのかも?
昨日一足先に株のチキン損切りをした母ちゃん。
今朝は早くから「イギリスEU残留派が優勢」との下馬評を受け
株価は気持ち良く上がっておりました。

母ちゃんが売ると気持ち良く上がる。
いつものパターンですな、、、ぷぷぷっ

今日の米国株式市場は一日中、イギリスEU残留の前祝い的な
お祭りムードでした。
ときおりコメンテーターが「残留って思い込んでて離脱したら面白いのに」
なんて言っていたのが印象的でした。

とはいえ自分の目で確かめないと気が済まないタイプの私。
どこかにリアルタイムで投票結果がわかるサイトがないか検索したところ
BBCのサイトにたどり着きました。

↓こんな感じでどんどん開票結果をチャートで示してくれます。
徐々に真ん中の線に近づいています。
この調子でいくとEU離脱決定!?ドキドキ

062316-2.jpg
062316-4.jpg
062316-3.jpg


離脱派の票が残留派を上回ったことから、
世界中に激震が走りました。
そのすごいこと!!

*ポンドが10%ちかく暴落
*円高が急速に進行。一時1ドル=99円に!
*原油価格が6%以上の暴落
*日経平均が1200円以上の下落


062316-1.png
062316-6.jpg


この時点で明日朝の米国株の暴落も決定!
くぅぅぅぅ〜。
でも現金比率を増やしておいてよかったよぉ。
ダメージは塩漬け株分だけだぞ〜。

リーマンショックの時のように、しばらくはまだ
じわじわと下がり続けるかもしれませんが、
いずれは底をついて上がってくるでしょう。

そんな時こそが株の買い時!

どんな銘柄を選べばよいか考えてみました。
昔から風が吹けば桶屋が儲かると言いますが、
そんな感じで次に何が起こるかシュミレーション。

米国株式市場に関して言えば、イギリスがEUを離脱したことで、
世界金融不安に見舞われるので、これでほぼ確実に
7月のFRBの利上げは見送られるでしょうね。

そうなると銀行株は全くダメ。
買われるのは安全だと思われる高配当がつく優良株
しばらく利上げがないとなると、まだまだ公共株(電気・水道・ガスなど)
の快進撃は続くのかもしれません。
金融危機の時には安全資産である金もいいですよね。
どれを狙おうかなぁ。

↓と考えている間に、ついに離脱派が半数に達しました!
EU離脱決定のニュースも流れ始めました。

062316-7.jpg
062316-8.jpg
062316-9.jpg


現実はドラマより面白いですね。
あれほど確実と思われていたイギリスEU残留が
これほど見事にひっくり返るとは!!

イギリスのEU離脱という歴史的瞬間を目にしながら、
次に何が起こるのか、あれこれ考えを巡らせる夜でした。

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/06/23(Thu) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2686-d7e3ea3e
前のページ ホームに戻る  次のページ