一徹師匠のレクチャーに興味津々
昨日は少林寺拳法の練習日でした。

キッズクラスの最後にいつもゲームをしたり、
一徹師匠の短い講義があったりするんですが、
昨日はロールプレイを織り込んだレクチャーを実施。

まずは道場の真ん中にテーブルと椅子を用意した一徹師匠。
高校生のCくんを椅子に座らせ、チョコバーを1本渡し、
中学生のVちゃんには1ドル札を渡しました。

「Cくんはセブンイレブンの店主。そこへ1ドル札を握りしめて
中学生のVちゃんがチョコバーを買いにきたとしよう」

↓この時点で子供たちは興味津々
机に身を乗り出して話を聞いています。

101016-4.jpg


↓お客さん役は茶帯になったばかりのVちゃんと、友達のKちゃん。
「チョコバー1本ください!」と1ドル札をCくんに渡します。

101016-3.jpg


↓しかし1ドル札を20ドル札と間違えた店主のCくん、
19ドルのお釣りをVちゃんに渡します。

101016-7.jpg


↓そこで一徹師匠の質問。
「さあ!そこでキミらならどうする?うははは〜、
バカな店主のおかげで19ドルも儲かったぞ!と店を出るか?
それとも間違ってますよ、とお釣りを返すか?」

101016-1.jpg


19ドルを握りしめてKちゃんのほうに困ったように振り向くVちゃん。
さあKちゃんは「正直に返したほうがいいよ」と、友人に
正しいアドバイスはできるのか!?

101016-2.jpg


一徹師匠は「他人が見ていたならキミらは返金するかもしれない。
でも僕が聞きたいのは、誰も見てなくても正しい行いを
できるのか
ってことなんだ・・・」と続けます。

「大人だって同じなんだよ。間違ってるとわかっていても
ラッキー!っと財布に入れてしまうかもしれない。
でも財布に入れて店を出た途端、その人はそういう(低俗な)人間だと
決定づけられてしまう
のさ。」

「一度失った信用を取り戻すのはものすごく難しい。
だからこそ、こんな難しい場面できちんと正しい判断をできる人間に
なって欲しいんだ」と、、、

↓「店主さん、お釣り間違ってますよ」と返金するVちゃん。

101016-10.jpg


こんな子供じみたロールプレイですが、普段やんちゃなボーイズ、
大人でたちさえ笑いながら聞き入ってましたよ。
普段は自分のダンナを滅多に褒めない母ちゃんですが、一徹は
こういう講義させると本当にうまいっ!
人を惹きつける話し方を知ってるんですよね。

一徹師匠のメッセージ。子供達に届きますよーに。
母ちゃんも正しい行いができるよう気をつけまーす!!(笑)

↓今日もおつきあいありがとう~!
一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2016/10/11(Tue) | 少林寺拳法 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
----

お世話になります 少しずつ分かってきました なぜ門下生が多いのか

やはりこういう事から教えていくんですね 子供達に納得させ又、子供

達への教育、マナ- 全てに教え、見せて、納得させ、誉める 支部長

は素晴らしい先生ですね ありがとうございます        バイ
by: * 2016/10/13 06:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2770-f8ab3cf7
前のページ ホームに戻る  次のページ