カイザーで婦人科検診
昨年の暮れのことになりますが、主治医から言われていた
検査をしに、カイザーのアーバインオフィスへ行ってきました。

今回検査しなければいけなかったのは骨密度と
子宮筋腫
を調べるための超音波
パートの仕事をちょっと遅刻して、朝早い時間に
チェックインしました。

012817-1.jpg
012817-5.jpg


骨密度の検査はあっという間に終わり、
検査も簡単だったので良かったのですが、
問題だったのは超音波!!

検査の1時間前までに、ペットボトル2本ほどの
水を飲まねばならず、朝から水をぐびぐび〜っ
お腹にたんまり水がないとエコーがよく
写らないとかで、必死に飲みましたよ〜。

012817-3.jpg


普段は時間どおりに呼ばれることが多いカイザーなのに、
この日に限って待てどくらせど呼ばれない〜
最初ガラガラだった待合所には人が入ってきて
名前を呼ばれるのに、母ちゃんだけ待たされ続け、、、

もともと膀胱はいっぱいで、トイレを我慢してたんだけど
待ってる間にますますトイレに行きたくなってきて
我慢して我慢して、、、それでも呼ばれなくて、、、
もうそろそろ限界か!?と思った頃
ようやく「Fried Eggさ〜〜〜〜ん!」って。(汗)
マジで冷や汗出ました

012817-2.jpg


ベッドに横になった後も、お腹にジェルを塗られた後
超音波を見る機械をぐんぐん子宮に押し付けられ
ただでさえいっぱいだった膀胱は破烈寸前!!
日本での超音波の検査もこんなに大変だったっけ???

アメリカの検査って、大腸内視鏡も前日一切食事抜きで
検査に到着するまでに下剤飲んで完全に腸をからにしなきゃいけないし、
超音波も膀胱がはちきれそうになるくらい
トイレを我慢しなきゃならない。極端に大変なんだよね。

検査結果、骨密度に問題はありませんでした
4cmと3.5cm大のものが2つ、その他にも小さな
子宮筋腫がみつかりました
月のものが重かったり、長かったり、トイレが極端に近かったり、、、
たくさんの症状がでていたので「やっぱりか」というのが感想でした。

ドクターが言うには、更年期が終われば
今の問題は緩和するので、即効性を希望するなら薬を飲めば良いし
このまま何もせず閉経を待つか、あなた次第ですとのこと。

薬を飲めばすぐに楽になるそうですが、
鉄分不足による貧血は良くなったし、
我慢できないほどの不都合はないので、
とりあえず数ヶ月様子を見ることにしました

アラフィフの女性、誰もが直面する問題ですが
女って大変ですよねぇ〜。
一徹親父は「オレも更年期でホットフラッシュだ」などと
ほざいてますが、それはメンタルな問題でしょう(苦笑)
同世代の皆さん、がんばりましょうね!!
まめな健康診断はお忘れなく。

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2017/01/28(Sat) | 医療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2849-e26f0dc3
前のページ ホームに戻る  次のページ