日本人の味覚
今日は3週間ぶりに帰ってきたねねと
日系スーパーへ買い出しに
行きました。
その時、日本人の好みについての話に発展。

020417-1.jpg


アジアンレストランの肉料理って危険だよね〜。
八角が入ってるから、臭くて食べられなかったりするんだよね。
この前の友達が絶対美味しいっていうから
食べてみたら、中華の豚どんに八角が入ってて
ダメだったー!とねね。

「ママも八角は絶対ダメだなぁ。ちょっとでも入ってると
すぐわかるし、食べる気が失せる、、、」
そういえば日本人の友達で八角が好きという人に
お目にかかったことがない。

するとねねが「あと苦手なのは、アーモンドパウダーが入った
杏仁豆腐!それにローズウォーターの入ったインドのデザート」
と言いだしました。

なんと!母ちゃんもアーモンドパウダーと
ローズウォーターが苦手。
ここまで苦手なものが同じとはびっくりです。

パクチーは日本人でも好きな人と嫌いな人が分かれるところ。
母ちゃんは大好きだけど、ねねは苦手だそうです。

食の好みって面白いですね〜。
中国人もベトナム人も(おそらく韓国人も?)
豚肉料理などには八角をよく使うのに
日本風中華にはほとんど入ってないと思います。

その後ねねが食べたいというので、シシカバブのお店へ〜。
テイクアウトでビーフシシカバブのセットを頼んだねね。
その場所は、以前はペルー料理のお店でした。

「そういえば、ペルー料理の牛肉炒めって
すごく美味しい。どこか醤油っぽい味がして
日本人に合うんだよね」とねね。
これに関しても全く同感!

↓これがねねが言ってた、日本人に合うペルー料理
ロモサルタード(牛ヒレ肉炒め)。

020417-2.jpg


「Persianとperuvianは違うから間違えないでね」とねね。
「え〜!!同じじゃないの?」と私。
Persianとperuvian、ひびきもスペルも似てるから
完全にごっちゃにしてました。

Persianはペルシャ、つまり国としてはイランの料理。
peruvianはペルー、つまり南米ペルーの料理。
ややこしいわー。

意外な発見のある1日でした。

*****************************************************************

風邪をひいて咳が止まらない私。
ゲボゲボ咳していたら、出張から帰ってきた一徹親父
「何やってんの〜、薬のみなさい!」って
これ渡されました。

DayQuilとNyQuilの風邪薬セット。

020417-5.jpg


いままで散々いろんな咳止めシロップをためして
全く効かなかったから飲まないでいたのですが、
このDayQuil飲んだら、面白いほどピタッと
しつこかった咳が止まりました。その威力にびっくり!!

こんばんはNyQuilのほうを飲んでぐっすり寝られそうだ〜

一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
2017/02/04(Sat) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/2854-8fd88d51
前のページ ホームに戻る  次のページ