FC2ブログ

サーモスの保温マグカップ

 2019-03-03
日本から買ってきたものの一つに、保温マグカップがあります。
パート先でなるべくコーヒーを温かく飲みたいですからね。

まずはアメリカのアウトドアメーカー、YETIのマグを買ったことは
以前のブログで紹介した通りです。<過去記事はこちら>

たっぷり入るし、安定感があり、保温性も高いので
とても満足して愛用していますが
日本のマグはもっと性能がいいのでは?と期待大!
今回購入したのは、240mlと350mlの2サイズ

↓240mlはパステルピンク色!かわいいでしょ〜?
本体ホルダーと蓋はプラスチック、内側はステンレスです。
ステンレス部分をねじ式ではめるのが新しいです。

030319-1.jpeg
030319-2.jpeg


↓やや大きめの350mlはパステルの水色。
こちらも可愛い色です。

030319-3.jpeg
030319-4.jpeg
030319-5.jpeg
030319-6.jpeg
030319-7.jpeg


↓並べてみるとこんな感じ。かなり大きさが違いますね。
なんでもでかいアメリカ製品を見慣れているので、
どちらも小さく感じます、、、(;д;)

030319-8.jpeg


ここでまず問題になるのは、毎日愛用している
キューリグのKカップコーヒーマシン
使えるかどうかということ。

私の使ってるキューリグのコーヒーメーカーには
6oz、8oz、10oz、12ozの4チョイスがあるのですが
自分の好みは10〜12オンス。6や8オンスだと濃すぎます。
日本製の小さなマグに、10オンス(296ml)以上入るのだろうか?

↓早速入れてみると〜

心配した通り、上までなみなみ、、、

030319-9.jpeg


↓牛乳を少し入れるとあふれそうです。だはは〜
YETIのマグは12オンス入れても余裕があるので
サーモスマグよりかなり大きいことになりますね。

030319-10.jpeg


そして気になる保温性ですが、30分くらいは
ほどよい熱さで美味しく飲め、1時間だとぬるいな、
という感じでした。

YETIより冷めが早かったのは、コーヒーの容量自体が少ないのと
毎回蓋を外して飲むため、リッド付きのYETIよりは
たくさん空気に触れますので、当たり前といえば当たり前の結果でした。

キューリグマシンでは使いづらいので、
現在は会社用として使っております。
(会社は普通のコーヒーメーカーなので
注ぐ量を調節できます)
あいにくピンクのマグは小さすぎて出番はほとんどなさそう、、、

*****************************************************

あともう一つ、日本から買ってきたもの。
それは京セラのセラミックナイフ

↓レシートをなくしてしまったのですが、
ドンキホーテで3980円くらいだったと思います。
今使っている京セラのセラミッックナイフは
コスタメサのマルカイ(旧名)で買ったもので、
1本50ドル弱した覚えがあります。

大きなナイフ、小さなナイフ、ピーラーにまな板までついて
お得ですよね〜。

030319-11.jpeg
030319-12.jpeg


↓このまえ近所の東京セントラルで調べてみたらこの通り。
大きなナイフが一本49.95ドル!
日本で買う方がいかにお得かがわかります。

今度帰省した時はお義母さんへのお土産用に
買ってこようかな、、、

030319-13.jpeg
030319-14.jpeg


一日ワンクリックしていただけるとウレシイです。 (*^▽^*)  ↓↓↓↓

br_decobanner_20100124141632.gif
コメント
初めまして いつも楽しく拝見させていただいています。ピーラーは アメリカの会社のだと思うのですが サンクラフト ピーラー Merryaunty MA-23
販売: Amazon.co.jp が おススメです。 日本人の手にも馴染む大きさですし 前のは20年使っても切れ味衰えずでした。お友達が 使って欲しいというので 私のも 新調しました。是非お使い下さい!ほんとオススメです!
¥ 540
【2019/03/04 02:48】 | さくら #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://friedeggs.blog74.fc2.com/tb.php/3292-a63309c6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫